お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「猜疑心」の意味。猜疑心が強い人の特徴&診断方法

秋カヲリ

「猜疑心」とは、他人の言葉や行動を疑う心のこと。過度な猜疑心を抱くと、自分自身が生きづらくなってしまうことも。今回は、そんな猜疑心を手放す方法を、心理カウンセラーの秋カヲリさんに教えてもらいます。

猜疑心が強い人は、なかなか他人を信じられません。信頼できる人が少ないので人間関係に悩みやすく、生きづらさを感じることもあるでしょう。

今回は、そんな猜疑心が強い人の特徴と、猜疑心をうまく解消するコツをご紹介します。

「猜疑心」とは何か?

まずは、猜疑心の意味や悪い感情なのかについてお話しします。

「猜疑心」の言葉の意味

猜疑とは、「人を疑ったりねたんだりすること」。そして、猜疑心とはその名の通り、「他人の言葉や行動を疑う心」のことを意味します。

疑り深い人を見た時に、「あの人は猜疑心が強いよね」などと言うことがあります。

猜疑心って悪い感情?

猜疑心は、程度は違えど誰でも持っているもの。悪いものではありませんが、あまりに猜疑心が強いと誰のことも信じられなくなってしまいます。

悪い人にだまされないように、適度な猜疑心を持って人を見極めるのは大切ですが、過剰な猜疑心は信頼関係を遠ざけてしまうでしょう。

次ページ:猜疑心が強い人に見られる言動・性格の特徴

SHARE