お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

謙虚な人になるには? 心理学を応用した方法7つ

高見綾(心理カウンセラー)

心理学を応用した謙虚な人になる方法とは? 心理カウンセラーの高見綾さんが7つのポイントを解説します。また、併せて謙虚であることのメリットも紹介したもらいます。

「謙虚ですね」は、一般的には褒め言葉として使われます。謙虚である方が、人間関係がうまくいくイメージを持っている人も多いでしょう。

とはいえ、謙虚とは、具体的にはどんな特徴を指すのでしょうか?

今回は、謙虚な姿勢がもたらすさまざまなメリットを解説します。また、謙虚な性格になるために今すぐできる行動も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「謙虚な人」とはどんな意味?

辞書によると、「謙虚」とは以下のような意味です。

けん‐きょ【謙虚】

[名・形動]控え目で、つつましいこと。へりくだって、すなおに相手の意見などを受け入れること。また、そのさま。「―な態度」「―に反省する」
[派生]けんきょさ[名]

(小学館『デジタル大辞泉』)

謙虚というと、一般的には出しゃばったり自慢したりするようなことがなく、他人の話をよく聞き、学ぶ姿勢のある人というイメージがあるのではないでしょうか。

ちなみに、謙虚の対義語としては「傲慢」や「横柄」などがあります。

上記の意味を踏まえると、「謙虚な人」は、自分を過信せず、かといって、卑屈になり過ぎることもない、ちょうどいいバランスを持っているタイプ。自分と向き合い、悪い点は変えていける心の強さや余裕があるのも特徴です。

謙虚な人になるための7つの行動

自分自身の感情をうまくコントロールでき、周囲とも良好な関係を築けるのが謙虚な姿勢のメリット。できることならこうありたいものですが、自分の傲慢さや欲を上手に扱えないと悩む人もいるはずです。

では、謙虚な性格に近付くためには、日ごろからどんなことを意識すればいいのでしょうか。

(1)自分を認めて心の余裕を作る

謙虚になるためには、まずは心の余裕が必要です。

ネガティブな気持ちでいっぱいいっぱいになっている時は、卑屈になってしまうこともありますし、自分を隠して虚勢を張ってしまうこともあるものです。

そんな時には「私って不安だったんだな」「そりゃ落ち込むよね」と自分の気持ちを受け止めてあげたいもの。また、自分に自信がない人は、日ごろの頑張りを承認するなどして、自分を褒めることを積極的に行っていきましょう。

そうすることで心に安心感や余裕が生まれやすくなります。

(2)相手の話はいったん肯定する

自分と違う意見の人がいた時に、「それは違う!」とすぐに反発してしまうと、トラブルになりやすいもの。

「なるほど、○○さんはそう思うんですね」というクッション言葉を入れるだけで印象が随分と変わります。そういった対応をすると、相手は自分の話を聞いてくれた、受け止めてくれたと感じ、話し合いがスムーズに進むことでしょう。

(3)うまくいかない時は「自分」を変える

自分が正しいと思っていると、思い通りにならない時に他人を変えようとしたり、自分の望む方向に誘導しようとしたりしてしまいます。おせっかいになって踏み込み過ぎてしまうこともあるでしょう。

しかし、それでは「自分を否定された」「自分の気持ちを尊重してもらえない」と相手が感じ、傲慢な人だという評価を受けてしまうもの。

他人を変えようとするのではなく、自分が変わることで状況を変化させましょう。

(4)他人の言動から学ぶ

すてきだなと思った人がいれば、年上年下関係なく、その人の言動や振る舞い方、考え方などを真似してみましょう。

人の良い部分を自分にも取り入れていく姿勢を持つことで、成熟した人格へと成長できます。

また、嫌だなと思う人がいた場合も、むやみに批判するのではなく、自分もその人と同じような振る舞いをしていることがないか、自身を振り返る機会として利用したいものです。

(5)他人の良い点は積極的に伝える

謙虚な人は、相手に対して敬意を持って接しています。

そういった内面の姿勢は、振る舞い方や言動に現れるので相手にも伝わるもの。

敬意を持つためには、相手の良いところを積極的に探すことです。

どの人にも、良いところが必ずあります。そして、人は「自分のことを認めてほしい」「受け入れてほしい」と思っています。相手の良いところを積極的に伝えてあげると、自分も気分がいいですし、相手との関係も良くなります。

(6)調子のいい時こそ周りに感謝する

自分の調子がいい時、または成果が出た時は、「私ってすごい! だって頑張ったもんね」「うれしい~!」と思いっきり喜びをかみしめて周囲の人と分かち合ったり、自分を褒めたりするといいのですが、1つだけ注意点があります。

それは、調子のいい時こそ周りにたくさん感謝するのを忘れないこと。感謝を忘れてしまうと、「自分がすごいんだ」という、うぬぼれや優越感が芽生えてしまいます。

(7)周囲の人を応援する

謙虚な人は、自分の利益だけではなく、全体の利益を考えて行動することができます。したがって、自分だけが良ければいい、という発想ではなく、みんなで一緒に幸せになる道を考えましょう。

そのためには周囲の人を応援したり、成功や幸せを祈ったりするといいかもしれません。

もし喜ばしいことがあれば、一緒に喜びを分かち合いましょう。「大切な人のため、自分にできることは何があるだろう?」と考えて、見返りを求めずに貢献していく姿勢を持つのもいいですね。

参考記事はこちら▼

あなたの「謙虚な人度」を診断でチェックしてみましょう。

次のページを読む

SHARE