お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

働く女性がしている「ストレス解消法」

たまには思いきりストレス解消したい! と思ったことはありませんか?

仕事をしていると、時にはストレスを感じてしまうこともあるでしょう。今回は、20~30代の働く女性に、ストレス解消法について聞いてみました。

とにかく寝る

・「たくさん寝る。気にしないようにする」(38歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「とりあえず帰って、お風呂に入って早く寝る」(34歳/その他/秘書・アシスタント職)

ストレスが溜まっていると、イライラしたり、マイナス思考になってしまうこともありますよね。そんなときには、寝てしまうのが一番かもしれません。しっかりと睡眠をとることで、次の日へのエネルギーをチャージしましょう。

甘いものを食べる

・「甘いものを食べる」(38歳/金融・証券/その他)

・「甘いものを食べる。友だちとご飯に行って話をする」(35歳/医療・福祉/専門職)

甘いものに限らず、自分の好物やおいしいものを食べると、それだけでちょっぴり幸せな気持ちになれますよね。友だちと一緒に行くことで、より楽しい時間が過ごせそうですね。

買い物をする

・「洋服など買い物をして、ストレス発散しています」(35歳/自動車関連/事務系専門職)

・「買い物をする」(28歳/医療・福祉/専門職)

買い物がストレス発散という声もたくさん見受けられました。いつもがんばっている自分にご褒美を買うのは、気分もあがりますし、「また好きなものを買うためにがんばろう!」などとモチベーションにもつながりそうですね。

お酒を飲む

・「お酒を飲む」(31歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「お酒を飲みに出かけて、気の合う人とたくさん話す」(30歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

飲みすぎはよくないですが、ほろ酔い程度であれば、ストレス解消にお酒はピッタリかもしれませんね。アルコールの力でちょっぴり開放的になって、話も弾みますね。

身体を動かす

・「スポーツをする」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「ジムに行って、身体を動かしてスッキリする」(33歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

一番健康的なストレス解消法は、運動をすることでしょう。汗をかいて、心も体もデトックス! 爽快感がありますよね。

まとめ

今回紹介したのは、特に意見の多かった5つです。そのほかにも、「自分の趣味に没頭する」や「好きなアーティストのLIVE、コンサートに行く」、「好きなドラマを見る」など、それぞれたくさんのストレス解消法が出ました。

(渡邉朋子)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年7月22日~7月24日
調査人数:401人(22歳~39歳までの働く女性)

お役立ち情報[PR]