お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「こだわりが強い人」の特徴&上手な付き合い方

小日向るり子

中途半端が許せない。「こだわりが強い」自分にうんざりしていませんか? 今回はそんな「こだわりの強さ」に悩む人に向けて、「こだわりの強さ」と上手く付き合っていく方法を心理カウンセラーの小日向るり子さんに教えてもらいます。

「こだわりが強い人」と聞くと、どのようなイメージを持ちますか? 「こだわり」とは個人の感性や価値観に基づいた思い入れですので、こだわりを持つこと自体は大切なことです。

しかし、その思い入れの強さによって「生きづらさ」を感じている方もいるのではないでしょうか。

今回はこだわりが強い人の特徴や心理を分析し、さらに対処方法までを解説していきたいと思います。

こだわりが強い人の特徴

ますは、「こだわりが強い」と言われる人には、どのような特徴があるのかご紹介します。

1.主張を曲げない

自分が一度「こうだ」と思ったことは、他者からどう言われようと意見や行動を変えたりしません。

逆に、言われれば言われるほど反発心を覚えて、さらにこだわりが強くなることもあります。

2.ひとり行動が多い

ひとりで行動することが好きな人もいますが、こだわりが強い人のすべてがひとり行動を好むということではありません。

しかし、こだわりを貫いているとどうしてもまわりと合わないことも多くなり、その結果ひとりで行動するようになるのです。

3.パワフル

こだわりを強く持てるということは、自分の主張を押し通すパワーがあるということです。

そのため周囲の人はそのパワーに圧倒され、ひるんでしまうこともあります。

4.勝気

こだわりが強い人は、他者からのアドバイスを抵抗勢力と受け止めてしまいがちです。

そのため、それに負けまいと強気で過ごす場面が多く、それが「勝気」という性格として定着することがあります。

見出しこだわりが強い人の心理

要因としては、産まれ持った気質(先天的なもの)もありますが、後天的な要素もあり、それらが絡み合って「こだわりの強さ」というパーソナリティの一部が形成されます。

後天的な要素とは「自分が興味を持ったことに対して制限がなく、そのものに熱中できる環境」があった場合です。

例えば、幼少期から絵を描くことや読書が好きで、制限なく制作に没頭する読書を楽しむ環境を与えられていた場合などです。

特に、幼少期~青年期の環境がそのようなものであった場合は、同年代と比べて経験値も高くなるため優秀な成果につながることも多いです。

それが本人の優越感と相まって、ますますこだわりが強くなるといった傾向があります。

こだわりが強い人の長所・短所

上述したような特徴のある「こだわりの強い人」ですが、短所ばかりではありません。

次に、「こだわりが強い人」の長所と短所をお伝えします。

長所(メリット)は?

1.粘り強い

こだわりを持ったものに対しては、自分の納得がいくまで粘り強くやり続ける努力と忍耐力があります

2.信念がある

自分の中に確固たる信念があり、そこを曲げないことが「こだわり」というかたちになって映ることもあります。

物事にこだわるというよりは「信念を曲げない」という姿勢です。

3.完成度が高いものを作りあげる

思い入れがあるものに対しては、時間や対価など関係なく情熱を注ぐことができるため、完成度が高い作品を作りあげることができます。

短所(デメリット)は?

1.臨機応変に対応できない

やりだしたことを一時的に中断することが苦手です。

そのため、環境や状況の変化が激しい場所についていくことができずに、居心地の悪さを感じることも多くなります。

2.空気が読めない

こだわりがあるものに対して高い集中力を発揮するあまり、まわりの空気が読めなくなり、気づいたら浮いた存在になっていたということもあります。

3.敵を作ってしまう

自分の信念を曲げないため、意見やアドバイスをしてくる人を敵対視した言動を取ってしまうことがあります。

その感情を双方が引きずってしまうと、関係の気まずさが生まれます。

次ページ:こだわりが強い人に向いている仕事って?

SHARE