お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

欲求不満の意味とは? 男女別行動のサインと原因・解消法【心理学】

高見綾(心理カウンセラー)

【男性編】欲求不満な人の特徴は? 7つのサイン

続いては、男性が欲求不満の時に見せるサインを解説していきます。

(1)怒りっぽくなる

男性は欲求不満な時、ストレスが溜まって心の余裕がなくなり、怒りっぽくなりがちです。本人は気づいていないこともありますが、あからさまではなくても、いつもと違ってイライラして攻撃的な様子があれば欲求不満のサインかもしれません。

普段は気にしないような些細なことでも「〇〇のせいだ」「〇〇が悪い」と周囲や環境に対する愚痴が増えたり、拗ねたりするなど、子どもっぽい反応を見せることもあるでしょう。

(2)口数が減る

欲求不満によるストレスを抑え込もうとして口数が減る男性もいます。

普段より無口になっている時は怒っているわけではなく、欲求不満のサインかもしれません。彼女との関係で性欲が満たされていなくても、本音を口にして嫌われたくないので我慢をしてしまうケースがあります。

しかし、黙り込んで欲求を一時的になかったことにしても、それは我慢して溜め込んでいるだけ。いずれ限界が来てしまうので、根本的な解決にはならないことが多いでしょう。

(3)貧乏ゆすりをする

貧乏ゆすりも欲求不満のサインの1つです。

フラストレーションが溜まるとソワソワして落ち着きがなくなってしまうものですが、そんな時に貧乏ゆすりをして一定のリズムを刻むことで、心を落ち着かせてストレスを解消しているようなのです。

ただし、普段から貧乏ゆすりをすることが癖になっている人は、性欲以外の面でもさまざまな不満やイライラを感じていることが多いようです。

似たようなものとして、爪を噛むことで自分の心を紛らわせているケースもあります。

(4)頬杖をつく

頬杖は、私たちがストレスや不安、緊張などを感じている時に無意識にしてしまう仕草です。手であごや頭を支えることで気持ちを落ち着かせようとしているのです。

男性が頬杖をついている時は、物事に集中していない場面やぼんやり考え事をしている場面も含まれますが、中には欲求不満のサインであるケースも。

周りからは、「退屈している」「話に興味がない」というように受け止められてしまう仕草でもあります。

(5)ベタベタしたボディタッチが増える

さらりとしたボディタッチではなく、ベタベタとしたボディタッチが増える時には、欲求不満のサインかもしれません。

特に太ももやお尻、腰、足などは性的な欲求と結びついています。男性が女性の下半身に何回も触れてくる場合は、性的な欲求が高まっていると見ていいでしょう。

本能的に「セックスがしたい」「あなたに触れたい」と思っている心理が隠れています。

(6)そわそわと落ち着きがなくなる

男性は欲求不満になると、そわそわとして落ち着きがなくなります。集中力が低下するため、じっとしていることができなくなるのです。

そのため、何らかの逃避行動を取ることが多いです。ゲームをすることで気持ちを紛らわす人もいますし、簡単な仕事を始める人もいます。急に片づけを始める人もいるかもしれません。

このように手を動かして何かをしたくなる衝動に駆られるケースもあるようです。

(7)他の異性が気になり始める

男性が欲求不満になると、女性の姿を目で追うようになるのもサインの1つです。

彼女がいたとしても他の異性が気になってしまうことがあるようです。男性自身は気づいていないかもしれませんが、彼女とデートをしていても、街ですれ違った他の異性を無意識のうちに目で追ってしまうことがあるかもしれません。

中には、性的な欲求不満が原因で浮気をしてしまうケースもあるでしょう。

あなたの欲求不満度は? 診断でチェック

ここまで、男女別で欲求不満な人の特徴を紹介してきましたがいくつ当てはまりましたか?

以下の記事では、10の質問であなたの欲求不満度を診断します。ぜひチェックしてみてください。

関連記事はこちら▼

最近なぜかイライラする。寂しくて、物足りない……。それは欲求不満が原因かもしれません。あなたの恋愛における欲求不満度を診断しましょう。

▶次のページでは「欲求不満になる原因と対処法」を紹介します

次のページを読む

SHARE