お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

友達が少ない人が抱く悩み。でも実は“強み”な理由

トイアンナ

友達が少ない人っていますよね。女性男性問わず、それが悩みやコンプレックスだという人も……。でも実は友達が少ないことはメリットもたくさんあるんです。友だちが少ない人の特徴を挙げながら、コラムニストのトイアンナさんに解説してもらいました。

友達が少ない人は、友達がたくさんいる人に憧れますが、その逆もしかりです。私は典型的な友達が多い人ですが、休日の予定は朝から晩までみっしり、仕事・友達・仕事・友達……あれ、自分の時間がない……とスケジュールを見ては絶望しています。

ただ、友達が少ない人の方が「明確なデメリット」を感じやすいなとは常々思います。というのも、社会が集団行動を求めるシーンがいくつもあるからです。

これがしんどい! 友達が少ないがゆえの悩みとは

学生時代にペアになる人がいない

思い出してください……授業で「2人でペアになって〇〇して」と指示されたあの日を。理科の実験、体育の球技練習。友達が少ない人にとっては、呪いの言葉に聞こえたことでしょう。なんなら、「ペアになって〇〇して」対策のためだけに、学校で仲良しグループを築いていた人すらいたんじゃないでしょうか?

私もああいう「ペアになって〇〇して」という指示は大嫌いでした。いじめがあるクラスでもなかったのに、やっぱり1、2人は、グループになれない。

その子が別に悪い子だからというわけではないのに、友達が少ないことが、悪いかのように見えてしまう。

そんな経験を積み重ねれば、友達が少ないことがコンプレックスにもなりえます。

結婚式に呼ぶ人がいない

社会人になってからは結婚式が大きなハードルです。結婚式の招待人数は50~100名。そこであまりに男性側の友人ばかりが名簿にあると、なんとなく気まずい。

「同性の友人が少ない女性は地雷」なんて風説もあるし、自分ってもしや……? と、男女問わず狭く深い親交を深めている女性まで、頭を抱えることに。

助けてくれる人が少ない

さらに、友達の多さは人生のセーフティネットとなっていきます。勤め先がどうも倒産しそうだ、離婚したいが当座の住所がない……そんな窮地で仕事を紹介してくれたり、とりあえず泊めてくれたりする。

これまで人生相談してくださった人の中には、土壇場で助けてくれる友人の少なさから、離婚を諦めた方もいらっしゃいました。

友達が少ない人は、セーフティネットの数も限られている一面があるともいえるかもしれません。

次ページ:実はメリット! 友達が少ない人の特徴

お役立ち情報[PR]