お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 人間関係

あなたも私も加害者。エイジハラスメント(年齢差別)の本質と対処法

トイアンナ

エイジハラスメントとは、年齢で人を差別することです。さまざまな事例を交えて、職場や日々の生活にはびこるエイジハラスメントの原因や本質についてトイアンナさんが語ります。もしかして、あなたも加害者かも!?

「もう若くないんだから、しっかりしてよ」なんてお小言を言われたことはないだろうか。私がこの言葉を人生で最初に記憶したのは、小学校1年生のときだ。

入学式が終わって早々、学校の先生に「もう小学生なんだから、しっかりしなさい」と言われ、子ども心に”しっかりするかどうかなんて、肩書きが小学生になったからっていきなり変わるわけないじゃん……”とモヤモヤしていた。

さすがにこれを「ハラスメント」だとは思うほど、被害妄想はたくましくない。けれどそれからも「もうハタチなんだから」「もう社員2年目なんだから」と言われるたびに、それってちがうんじゃない? と同じ違和感は抱き続けてきた。成長速度なんて人それぞれなのに、なぜ年齢で区切られなきゃいけないの?

内面化されるエイジハラスメント

そう思っていた私は小学生から30代になった。そして、あんなに年齢で区切られることに違和感を抱いていたはずが、年齢で相手を差別する加害者になった。

自分が年齢差別=エイジハラスメントをしていることに気づかされたのは、ある恋愛相談を受けていたときだ。相談者は当時35歳で、ズブズブの不倫にはまっていた。

「本妻から略奪したいなんて思ってない。不倫からの略奪婚なんて、覚悟を決めての結婚はしたくない。だけど結婚願望はあるから、アプリで出会いは探してるよ。でもさ、デートしてみるとやっぱり彼以上の人はいないなって思っちゃって。結局誰と会っても、付き合うまでは進めない」

ちょっとお読みいただくだけで、この不倫が前にも後にも進まないことはお察しいただけたと思う。そして、私はつい(この人が22歳だったらまだ若気の至りで許されるけど、もう35歳だからなあ……)と思ってしまった。

しかし、この「年齢とともに人は成熟するもの」という考えこそが、エイジハラスメントの本質なのだ。

次ページ:私たちって、年齢とともに成長してきましたっけ?

お役立ち情報[PR]