お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

部下を好きになったときの態度とは? 上司を振り向かせる恋愛テクニック

コラムニスト・ひかり(恋愛コラムニスト)

上司のことを好きになってしまったら、部下である自分に好意を持ってもらうにはどうしたらいいのでしょうか? この記事では、上司を好きになってしまう理由や、上司が好きな部下に見せる脈ありサイン、女性としての効果的なアプローチ方法について、恋愛を中心としてコラムを書いているコラムニスト・ひかりさんに解説してもらいました。

部下が好き……男性上司が女性として好意を抱く部下にとる態度とは?

いくらビジネス上の関係とはいえ、上司だって部下に恋をしてしまうことはあるでしょう。

そんなとき、男性上司はどんな言動をするものなのでしょうか?

(1)恋人の有無をさりげなく聞いてくる

コンプライアンス上、堂々と「彼氏はいるの?」なんて聞ける状況ではありませんが、さり気なく、あなたに恋人がいるかどうかがわかるような質問をしてくるときは、好意を持たれている可能性は高いです。

社内の人と恋愛トラブルが起こると、仕事にも影響が出てしまうので、慎重に下調べをしたがるものです。

(2)LINEでプライベートでのやりとりを求めてくる

基本、好意がある女性に対しては、仕事から離れたところでのつながりを深めようとするものです。

だから、はじめは仕事の内容のメッセージが来たとしても、そこから段々、プライベートに踏み込むような内容になってきたときは、興味をも持たれていると思ってもいいでしょう。

さらに、日常的に「おはよう」「おやすみ」というメッセージがくるようになったときは、あなたの日常に入り込みたいという思いがあるでしょう。

(3)ご飯に誘ってくる

やはり2人っきりにならないと、恋ははじまらないもの。

はじめは無難にランチや、ほかの社員も交えた食事で様子を見て、相手がまんざらではなさそうな場合は、こっそり2人っきりで飲みに行くことを誘ってくるでしょう。

逆に「(1)恋人の有無をさりげなく聞いてくる」「(2)LINEでプライベートでのやりとりを求めてくる」があっても、2人っきりのご飯に誘ってこない場合は、彼は“社内恋愛への第一歩”を踏む込む気はない可能性が高いでしょう。

次ページ:上司を振り向かせたい。効果的なアプローチ方法

SHARE