お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

薄情者に共通する特徴。ドライな性格の彼との上手な付き合い方とは?

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

好きで付き合ったはずなのに、恋人の反応が冷たく薄情者に感じる……そんな経験をしたことはありませんか? この記事では、薄情な人の特徴や薄情な彼との上手な付き合い方について、恋愛コラムニストのひろたかおりさんに解説してもらいました。

薄情な彼との上手な付き合い方

薄情な人の特徴を挙げましたが、彼氏がこんなドライな性格だと、交際していても愛情を感じることが少なくて寂しい思いをしますよね。

薄情な彼氏と上手に付き合うには、どうすればいいのでしょうか。

(1)「こういう人」と割り切る

ドライな彼氏は、まず「こういう人だから」と割り切って向き合うことが大切です。

自分はこう思うし、こうするのが正解だと言っても、彼氏には通じません。

まったく正反対の言動をされても、彼にとってはそれが普通なのです。

いちいち反応していてはこちらの気持ちがもたないので、何でも受け止めるのではなく流してしまうことも考えましょう。

(2)無理に理解してもらおうとしない

どうしてもわかってもらいたくて、言葉を尽くして彼氏に自分の気持ちを伝える。

でも、彼氏の反応は薄いし「だから?」と返されてショックを受ける。

こんな場面を経験する女性も多いのではないでしょうか。

ドライな性格の男性は、相手の気持ちを深く考えることがありません。

表面的に理解はできても、それをしっかりと心に受け止めることができないので、伝えても何も変わらないと感じてしまいます。

無理に理解してもらおうとすると、余計にこちらが傷つきます。

伝えることはもちろん大切ですが、期待どおりの反応がなくても「こういう人だから」と割り切り、無理に理解してもらおうとしないのが自分のためだと思いましょう。

(3)自分が苦しくない距離感を保つ

マメな連絡や細かい愛情表現など、好きな人とコミュニケーションを重ねたいと思う女性にとっては、ドライな性格の彼氏は反応が薄くて不安になったりストレスを感じたりするため、スムーズな交際が難しいかもしれません。

期待しても応えてもらえずに寂しい思いをしますが、つらくならないためには相手に合わせた距離をとることが自分にとっても大切。

こちらに合わせてもらおうと思うと手応えのなさにがっかりするので、それより自分から付き合いやすい距離感を保つほうが楽だといえます。

彼氏の行動パターンや考え方などを知り、無理をしない範囲で心を向けていきましょう。

「冷たい人だから」と愛情を育てることを諦めてしまうと、彼氏も同じく向き合うことをやめてしまいます。

自分が苦しくない距離感を見つけて、2人にとってストレスのない付き合い方を考えたいですね。

次ページ:彼氏の考え方を認めてあげるのもひとつの方法

お役立ち情報[PR]