お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

声が低い女性はモテる? 魅力を活かす話し方のコツ

秋竹朋子(ボイストレーナー)

声が低い女性の魅力とは?

この記事を読んでいるあなたは、低い声に対してコンプレックスを抱いていることでしょう。一方で、声が高いことにコンプレックスを抱く人ももちろんいます。つまり、それは自分の声という個性が好きかどうかの問題だということ。

低い声という個性を最大限に活かす方法を知れば、自分の声を好きになれる日が訪れるかもしれません。ここでは、声が低い女性の魅力を探っていきましょう。

魅力1:基本的に声が通りやすい

夢占い パン

声の低い女性は聞き取りづらいと思われがちですが、実は、練習さえすれば高い声の人よりも低い声の人のほうが声が通りやすい傾向が見られます。

特に耳が聞こえにくくなっている高齢者は、低音のほうが聞き取りやすいことも。つまり、低い声は万人にとって「聞き取りやすい声」なのです。

魅力2:落ち着いた印象を与える

女性の低い声は落ち着いた印象を与えるだけでなく、相手の心を落ち着けます。

私のボイストレーニングスクールでは、逆に低音ボイスの練習をする女性もいるほどです。

高い声は幼い印象を与えるため、落ち着いた雰囲気を出したいビジネスシーンなど、低い声のほうが役立つ場面も多々あるのです。

魅力3:自信があって知的に聞こえる

声が低いことに加えて、堂々とはっきりした声で話すことで、自信がありそうな印象が漂います。

また、低い声でしっかり発言すると説得力があり、知的なイメージにも繋がります。

魅力4:同性に好かれやすい

女性からは「過度にぶりっ子しない」「男性に媚びたりしない」という印象を持たれることも多いようで、同性に好かれやすい声であるというメリットもあります。

次ページ:低い声を生かした魅力的な話し方

SHARE