お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性277人に聞いた「彼女にイラッとした瞬間」

マイナビウーマン編集部

普段は仲がよく大好きな彼女でも、ときには「イラッ」としてしまう瞬間が男性にはあるようです。そんなつもりはなくても、あなたが無意識にしてしまっている言動でイライラさせてしまっているかもしれません。今回は、「彼女にイラっとした瞬間」について、社会人男性のみなさんに聞いてみました!

彼女がほかの男性といるとき

・「男友だちと会う、集まりに男がいるとき」(29歳/不動産/事務系専門職)

・「ほかの男性と楽しそうに話をしていたとき」(38歳/建設・土木/事務系専門職)

彼氏が嫉妬していることに対して「うれしい」と思う女性もいると思いますが、やはり彼氏からすると気持ちのいいものではありませんよね。ほかの男性との過度な付き合いは、なるべく控えましょう。

ドタキャンされたとき

・「ドタキャンなどをしても特に謝罪もなくメッセージを続けようとするとき」(32歳/自動車関連/技術職)

・「予定を合わせていたのにドタキャンされたとき」(32歳/その他/販売職・サービス系)

予定を空けていたにも関わらずドタキャンをされると、どんな人でも「イラッ」としてしまいます。相手の時間を奪っているということを忘れてはいけません。もしやむを得ない事情があったときは、きちんと説明と謝罪をしたいですね。

忙しいときに限って「構って」アピール

・「時間がない忙しいときに構ってちゃんになる」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「こっちが忙しいのに構ってよアピールがすごいとき」(27歳/その他/その他)

女性の「構って」アピールはときにはかわいらしく思えるときもありますが、忙しいときにこれをやられたらひとたまりもないですね。「今忙しいから」と一喝されてしまうと、女性も不機嫌になるうえにギスギスする原因に……。タイミングをわきまえられるといいですね。

しつこく「なんで」責め

・「なんで? と何回も同じことを聞いてくる」(32歳/自動車関連/営業職)

・「なんでという追及が多いときはイライラする」(28歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

何かを追求するときや返す言葉がなくなってしまったとき、「なんで?」としつこく責め立てていませんか? しつこい「なんで」ほど、ウンザリしてしまうものはありませんよね。男性からあしらわれてしまいます。

まとめ

「イラッ」という感情がきっかけで、喧嘩やトラブルに発展してしまうことも少なくないと思います。相手のことを思いやっていれば、こんな事態にはなりませんよね。心当たりのある女性は今すぐに改善していきましょうね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年3月7日~3月11日
調査人数:277人(22~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]