お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

彼氏のボディタッチに隠された心理とは!? 部位別に解説

彼氏からのボディタッチ。うれしい反面、ところかまわずされると少し困惑しますよね。この記事では、彼氏がボディタッチをする理由や、ボディタッチする場所別の心理、ボディタッチをされたときのかわいい反応について、心理カウンセラーの凜音さんに解説してもらいました。

【部位別】彼氏のボディタッチの意味とは?

彼氏がボディタッチをする気持ちはわかりましたが、場所によって意味は異なるのでしょうか。

部位別に見てみましょう。

頭や髪を触る

彼氏 ボディタッチ

頭や髪に触れるのは、ある程度の信頼関係が成り立っている証拠。特に精神的に深い仲になりたい、もしくはすでになっている関係でなければ触れにくい箇所でしょう。

また、「支配感」を与える箇所でもあるので、無意識に自分が上だと思っている可能性も。Sっ気のある男性や年上の男性は触れたがる傾向にあります。

髪をなでるようにやさしく触れるときは、守ってあげたい、なぐさめたい、落ち着かせたいという気持ちの表れ。

またもっと激しく髪をぐしゃぐしゃにさせるような触れ方は、戯れや冗談のイメージが強くなります。彼女を困らせてかまってほしいと思っている場合もあるので、寂しさの表れの可能性もあるでしょう。

顔や頰を触る

彼氏 ボディタッチ

顔まわりも、ある程度の親密な関係でなければ触れにくい場所。

キスシーンで頰やあごに触れるように、顔まわりはより深い愛情表現を示すときに触る傾向にあります。

また、顔以外の場所は触れても変化はありませんが、顔は触れると表情が変わります。唇に触れるのは「静かに」、目元に触れるのは「泣かないで」という意味を持たせるなど、気持ちを探ったり感情の変化を求めたりするときも触れがちです。

胸やお尻を触る

彼氏 ボディタッチ

セクシーポイントというような女性性を表す場所にボディタッチをしてくる彼氏は、ほぼ性的な欲求をアピールしていると思ってよいでしょう。

また人前で触れてくるときは、無意識に周囲へ支配を見せつけているということも。生物的な本能に近いかもしれませんが、性的な部分に触れることで「この女性は俺のもの」という状況を見せ、ほかの男性を寄せつけないようにしています。

腕を触る

彼氏 ボディタッチ

二の腕に触れてくる男性は「二の腕の感触が好きな人」であることが多いです。

女性の二の腕は男性に比べてプニプニとしてやわらかく、女性的な感触を味わえる箇所のひとつ。無意識的に触れて、その感触を楽しんでいます

女性にとってはやわらかい二の腕はダイエットの対象になってしまいますが、男性は「かわいい」「気持ちいい」といういい意味で触れているので、愛されていると思っていいでしょう。

腰を触る

彼氏 ボディタッチ

この場合も、胸やお尻と同じく性的な気持ちが強いでしょう。

決定的にセクシャルな場所ではない「腰」に触れることで、胸やお尻よりも少し遠回しのお誘いアピールではありますが、期待が高まっている状態の可能性は高いです。

また、人前で腰に腕を回すようにボディタッチをしてくるときは、支配欲の表れ。周囲に「自分のもの」という表明をしていることが多いでしょう。

肩を触る

彼氏 ボディタッチ

肩は相手に意志を伝えたり、呼び止めたりするときに触れる場所。触られる回数が一番多い箇所といえるでしょう。

肩を組むようにボディタッチするときは、仲間意識の表れ。彼女をパーソナルスペースに引き入れるということは、より親密さを感じている証拠です。

また、肩を抱きしめると自分の胸元に引き入れることができますので、なぐさめたり落ち着かせたりするなど、相手を外的な危険に触れさせたくないという気持ちが強いときに触れることが多いでしょう。

背中を触る

彼氏 ボディタッチ

背中は男女問わず、気持ちを高めようとするときやなぐさめようとするときに触れたくなる箇所。

具合が悪いときも背中をなでたりしますが、背中は触れられると精神的な安定を得られます。

彼氏のボディタッチも、いたわる気持ちや大切に思う気持ちから、背中に触れてくると思っていいでしょう。大事に思われている証拠です。

手を触る

彼氏 ボディタッチ

彼氏が手に触れるときは、強い愛情を表しています。性的な愛情表現よりも、もっと精神的に深い愛情。信頼している、という意味にもつながります。

また、背中と同じように精神的な安心感を求めている場合も。手に触れて相手の愛情を量っている可能性もあるので、ケンカをしているときや別れをにおわせたときに手に触れてこようとする傾向があります。

次ページ:ボディタッチされたときのかわいい反応って?

お役立ち情報[PR]