お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

羨ましい。「幸せな人」の習慣と考え方

仁科友里

「幸せな人」になる方法

幸せの半分は、自分で作るものです。

考え方ひとつで誰でも「幸せ」になれる

みなさんの幸せの定義が何かわかりませんが、「もし〇〇だったら、幸せなのになぁ」というように、「外的要因があれば、幸せになる」と考えている人は多いのではないでしょうか。

しかし、穴のあいた洗面器にどんなに水を注いでも水が溜まらないように、幸せの受け手であるみなさんのメンタルがいびつだと、どんなラッキーが来ても、いまいち幸福を感じられないものだと思います。

健康で仕事があって、セクハラやパワハラにも遭わず、ちゃんとお給料が振り込まれる。彼氏もいる。

もしこんな状態でも、いまいち幸せを感じられないとしたら、あなたの中にある物の見方やさみしさが、幸せを感じることにストップをかけている可能性があります。

自分の物の見方は健康的か、振り返ってみてもいいかもしれません。

幸せな人になるために取り入れたい習慣

自分がイマイチうまく幸せを感じられていないと感じたら、次のようなことを試してみてください。

(1)自分で調べる

たとえば、あなたが婚活中だとします。学生時代の友人から、結婚の連絡が来たら「私はまだ決まっていない」「私は不幸だ」と思ってしまうかもしれません。

しかし、こういうときこそ、「自分で調べる」ことにチャレンジしてほしいのです。

友人はいつから婚活をはじめ、何歳のときに出会って、何年交際したのか。こうやってデータをとって調べていくと、多くの人はある程度の時間をかけて取り組んでいたことがわかると思います。もし、あなたより先に彼氏ができて、交際をしていたとしたら、先に結婚するのは仕方ないと思えるはずです。

自分で調べることができるようになると、自分がやるべきことが見えてきますから、精神的なダメージも少なくなると思います。

(2)家族との距離を考える

幸福を感じられない原因のひとつとして、家族など身近な人から批判的な言葉をずっと浴びせられてきたことが挙げられます。

いわゆる毒親は、子どもを「失敗するに決まっている」前提で見ているために、どんな業績をあげても「ここがダメ、あそこがダメ」と非を探してくるでしょう。

こういうネガティブなBGMが延々とかかった環境で育つと、自然と「自分はだめだ」「何をやってもうまくいくわけがない、不幸だ」と刷り込まれてしまいます。

ベストな方法は家を出てひとり暮らしすることですが、お金の問題もあって難しい人もいるかもしれません。

今は毒親に関する本がいろいろありますから、手にとって読んでみてください。

(3)ひいきされる側になる

仕事で認められたい、年収を上げたい、素敵な彼氏もしくは結婚相手がほしい。

みなさんがこういう幸せを願っているのとしたら、幸福のチャンスをくれるのは“人”だと思ってまちがいないでしょう。

会社員でもフリーランスでも、人からどうやってチャンスをもらうか、どう活かすかにかかっています。その仕事が認められれば、昇進する、年収も上がるといったように、夢に近づいていくわけです。

そうやって、自分のレベルが上がると、周囲にいる男性のレベルも当然ながら上がっていくのです。

さて、それでは、人からチャンスをもらうには、どうしたらいいでしょうか?

まず、あなたを査定する人とコミュニケーションをとって、あなたをしっかり存在づけてください。

若い世代が仕事以外の付き合いを好まないことは私もよく知っていますし、だらだらお付き合いする必要もないと思います。

しかし、たとえば、おいしいものを会社の人におすそわけするとき、親しくない人にはしないですよね? ましやて、チャンスというある意味お金で買えないものを、よく知らない人、嫌いな人にあげる人はいないと思います。

学生時代とちがって、社会人になってからの評価には人間としての好き嫌いがどうしても絡むもの。

ひいきされる人になれというのは、ホステスさんのように接待せよという意味ではありません(そういうやり方をするとセクハラを誘発する可能性もありますし、女性からの評価も低くなるので気をつけてください)。あなたの名前と顔、来歴を相手にしっかり覚えてもらうことを指します。

(4)ちゃんと寝る

幸福は“人”がもたらすと考えると、人の集う場所、つまり会社での振る舞いが大切になってきます。

それでは、どうすれば会社でいいパフォーマンスを上げられるかというと、疲労を取って万全な状態で仕事にのぞむことだと思います。

疲れたままで仕事に臨むと、能率が落ちて、帰宅が遅くなってますます睡眠がとれないという悪循環に陥ることも。

睡眠はストレスを軽減するといわれています。夜更かしせずに早く寝ましょう。

「幸せ」は物とメンタル両面からのアプローチが◎

2019年5月1日より、元号が令和となりました。現在の天皇陛下を産み、お育てになった美智子さまは、育児のご方針として「“幸せな子”を育てるのではなく、どんな境遇におかれても“幸せになれる子”を育てたい」とお話しになり、世の母親たちから多くの共感を得ました。

幸せは物質的なものと、メンタルの両方があって成り立つもの。どちらに比重を置くかは、みなさんの裁量で決めていいのです。

勝ち負けとしての幸せではなく、みなさんが時に修正を加えながら、自分の基準を早く見つけられるといいなと思います。

(仁科友里)

※画像はイメージです

※この記事は2019年06月04日に公開されたものです

仁科友里

1974年生まれ。会社員を経てフリーライターに。OL生活を綴ったブログが注目を集め、2006年に『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。『サイゾーウーマン』『週刊女性』『週刊ポスト』などにタレント論、女子アナ批評を寄稿。自身のブログ、ツイッターで婚活に悩む女性たちの相談にも答えている。
ブログ「もさ子の女たるもの」(http://ameblo.jp/nishinay-127/
Twitterアカウント @_nishinayuri

この著者の記事一覧 

SHARE