お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

遠距離恋愛から結婚できたカップルの「会う頻度」とは

林 伸次

遠距離恋愛はうまくいかない。そんなイメージがある人も多いのではないでしょうか。では、なぜうまくいかないのでしょう。根本的な原因を「bar bossa」の店主・林伸次さんに解説してもらいました。また、遠距離恋愛を成功させるために必要なこともあわせてご紹介。

突然ですが、浮気は「本命とはすごく離れた場所でやりがち」っていう話をご存知でしょうか。

東京や関西の既婚男性が出張したとき、札幌のすすきのや博多の中州の風俗店を利用しがちです。あるいは悪評高い近隣のアジア諸国に買春ツアーというのも、「妻や本命の彼女」から、遠く離れた場所だからこそ、羽目を外せるという理由のようです。

あるいは、既婚女性が不倫するときの設定はほとんどが「今日は旦那が海外出張なの」というものです。夫が海外出張って「絶対に戻ってこられない」という安心感があるのでしょう。

単身赴任している夫がキャバクラ通いにはまってしまったり、あるいは現地の支社の女性社員と仲よくなってしまったりという話が多いのも、やっぱり妻が近くにいないから安心して浮気ができるからのようです。

どういうわけだか、僕たち人間は、配偶者や本命の恋人がいる「すぐ近く」では浮気は堂々とできなくて、離れれば離れるほど、浮気が簡単になってくるようなんです。

あるいは、「失恋してしまったのだけど、どうしても相手のことが忘れられない」ってことありますよね。そういうときはどうすればいいのかっていうのを以前、教えてもらったことがあります。

その彼が住んでいる街、彼とデートして楽しかった街から遠く離れてしまって、まったくちがう街で新しい生活をはじめたら、彼のことっていずれは忘れられるようです。

遠距離恋愛が成功したカップルは「たった一組」

さて、遠距離恋愛ってしたことありますか? 遠距離恋愛ってだいたい下記の2パターンに分かれるのではないでしょうか。

(1)同じ街で暮らして恋愛していたのだけど、一方が(特に男性が)転勤でちがう街に引っ越した

これが現実的に一番多いのではないしょうか。

この場合、新しい土地で生活をはじめたほうが、新しい出会いなどの刺激的なことが多くなる一方で、地元に残った相手はなんだか全然進歩していなくて、お互いの気持ちが少しずつ離れていくというパターンが多そうです。

男性が一流企業に勤めていると多いパターンですよね。一流企業の男性はもちろんモテますからね。現地でもいろんな女性からのお誘いはありそうです。飲み会が仕事だったりすることもありますからね。

(2)ちがう街で暮らしている男女がインターネットで知り合って交際をはじめる

これ、今はすごく多そうですね。インターネットで出会うと、何か運命的なことを感じてしまって、恋に繋がりやすいのでしょうか。でもやっぱりいくらLINEやSkypeでやり取りできても、お互いの不安はなくならなさそうです。

ところで僕、渋谷で22年間バーをやってまして、毎晩毎晩、いろんな恋愛の話を聞いているんですね。

それで、今まで遠距離恋愛を続けていて、別れることなく結婚までたどり着いたカップルは「一組」しか知りません。その2人は、遠距離恋愛が難しいってことをいろんな人から聞いたのでしょう。しょっちゅう「意識的に会う」ことにしていたようです。

そもそも、どうして遠距離恋愛ってうまくいかないのでしょうか。

やっぱり冒頭の「離れたところで浮気をする」とか、「しばらく離れると心も離れる」という事実が示しているように、どうやら僕たちは「距離的に、空間的に、遠い場所でいる」と、心が通わないようなんです。

いくらLINEやSkypeで「おはよう!」とか「大好き!」とかって送りあったとしても、距離があるとなぜか心には届かないのかもしれません。

話は変わりますが、「すごく忙しい男性と交際すること」ってありますよね。ある女性から聞いた話なのですが、「ちょっとでも時間が空いたら、どこかで会うことにしていた」そうです。

もちろんそれは「2人がお互いに会いたいから」だったようですが、たとえば、有楽町の喫茶店で10分だけ会ってお茶を飲んで、そしてビルの陰でキスをして抱きしめ合うってことを、何度も繰り返していたそうです。

やっぱりその2人、ゴールインしました。今でもお互い忙しそうにはしてますが、やっぱり「ちょっとでも会う」ってすごく大きいようです。

そうなんです。どうやら僕たち人間は、ちゃんと会って、視線を合わせて、話したり、笑いあったり、時には怒ったり泣いたりして、そして抱きしめたり、キスしたり、もちろんセックスしてその後、抱き合ったりするってことが「一番大切」なようなんです。

それをしないで、ずっと文章だけでやり取りしても、全然心と心は抱き合えないようなんです。

次ページ:遠距離恋愛は「会う頻度を増やす」ことが大切

お役立ち情報[PR]