お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

誘うばかりで誘われない「本当の理由」。改善方法とは?

ずんずん(著述家、キャリア&人間関係コーチ)

「誘われない人」と「誘われる人」のちがいって?

とはいえ、いつも誘ってばかりではなく、いつかは「誘われる人」になって友だちと楽しいことをシェアしていきたいものです。

そんな誘われる人になるために、誘われる人と誘われない人のちがいを見ていきましょう。

(1)すぐに好き嫌いが態度に出ない

人の好き嫌いがすぐに態度に出てしまう人は、なかなか誘いにくいものです。

誘われる人はいつでもフラットで、みんなで楽しみたい席では誰とでも仲良くすることができます。

(2)忙しすぎても時間を作ってくれる

いつでも忙しそうにしている人は「あの人いつも忙しそう。誘ったら悪いかな……」と相手に気を遣わせてしまい、なかなか誘われません。

私もそんなタイプなんですが(涙)、忙しくても、誘われたら「きちんと時間を作ってくれるだろう」という誠実さが誘われる人にはあります。

(3)肯定して応援してくれる人

誘われる人は、いつでも肯定して応援してくれる人でもあります。理由なくディスってくる人より、応援してくれる人のほうが、一緒にいて元気になりますよね。

誘われる人になるためにできることって?

それでは、そんな誘われる人になるためにできることってなんでしょうか?

(1)無理しない範囲で参加しよう

まずは、誘われたら基本的に参加しましょう。

といっても、どうしても嫌な飲み会やイベントに参加する必要はありません。

とはいえ、「ちょっと、どうかな〜」と思うお誘いでも、参加してみれば楽しいものです。

全力で楽しむ姿勢を忘れないようにしましょう。

(2)愚痴はそこそこ、聞き手にまわろう

話したい気持ちはわかっちゃうんですが、愚痴はそこそこにしておきましょう。

相手だって話したいことはいっぱいあるはずです。

ちゃんと聞き手にまわって相手の話を聞いてあげましょう。

(3)関心を持っていることを示す

人の話を「ちゃんと聞いている人」と「聞いている振りの人」ってすぐわかっちゃいますよね。

聞いている振りの人っていつもなんだか上の空で、つまんなそう……。

こんな人とは一緒にいたくないですよね。

相手に興味をもって、ちゃんと話を聞いてあげましょう。

そうすれば、この人は自分に興味があるんだって相手に思ってもらえ、絆はぐっと深くなっていくはずです。

誘われないことに悩まないためには?

それでも、自分が誘われないイベントにお友だちが参加しているのを聞いたりするとがっかりしますよね……。

まるで、自分が誰にも愛されていないダメ人間のよう……。

そんなことはありません!

誘われないことに悩んでいたら、魅力が半減してしまいます。

誘われないことに悩まず、ちょっとこんなふうに考えてみてください。

(1)好かれてないから誘われないわけじゃない

「誘う」「誘われる」って実はマッチングの問題です。

自分が一番ぴったりな場所に人は誘ってくれるわけです。

誘われなかったイベントを見て、自分が参加したときのことを考えてみてください。

実は全然楽しくないかもしれませんよ?

(2)新しい人に出会うタイミングかも?

誘われなくなったのは、いつも同じ人とばかり会っていたせいかもしれません。

時間が経てば、寂しいけれど学生時代の友人と話が合わなくなっていくこともあります。

そんなときは新しいコミュニティや人に出会い、自分の世界を広げるタイミングが来たのかもと考えて、出かけましょう。

(3)自分を磨く時間かも

誘われなければ、自分の時間は確保できます。

次に友人たちにあったとき、もっとステキな自分でいられるよう、自分磨きをしておきましょう。

読もうと思ってもなかなか時間が取れなかった積ん読や、いままで見たかったけど見られなかった映画を見て、心の内面を磨いていきましょう。

次ページ:新しい自分になって出会いを広げよう!

SHARE