お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【LINE教室10】やっぱり相手から誘ってほしい……! デートに誘わせるLINE

桐谷ヨウ

カタチは変われど、古(いにしえ)から“手紙”というものは男女が互いの気持ちを探り合ったり、伝えたりするための重要なツールでした。意中の男性にどんなメッセージをどんなタイミングで送ろうか日々あれこれ頭を悩ませている女性も多いのでは? というわけで、気鋭の“天才”恋愛コラムニスト・桐谷ヨウさんが悩めるアラサー読者にLINEテクをご教授! 男性の心理を知り尽くした桐谷さんによるワンポイントレッスンは要復習です!

マイナビウーマン読者のみなさま、こんにちは。桐谷ヨウです。

この連載では「LINE術」がテーマになっています。

いつもはコラム形式で恋愛について語る機会が多いのですが、この連載では個別相談に近いかたちで、あなたの恋愛をちょっぴり身近に引き寄せるテクニックをお伝えしますね。

第10回は「デートに誘わせるLINE」を添削します!

パターン1:友だち以上になれる?(もかさん・28歳)

 

エピソード

その心は……「飲みに誘ってほしいことをアピールするため」
送る相手:同じ大学だった男性。学生時代から友だちとして仲良くしていた。
相手に誘ってほしい理由:男性から誘ってほしい!

先生からのコメント

よいと思います!

もともと仲はよいみたいだし、特に言うことはないんだけど、あえて言えば「どんなテンションで会いたいか」を伝えられるといいよね。もかさんが友だちとして楽しく飲みたいのか、恋人関係に発展するようにシフトしていきたいのかわかりませんが、後者ならこっちがそういう目で見ていることを悟らせたいよね。

この年齢になって、学生時代の友だちとくっつくと、わりと安泰コースの恋愛になることが多いように個人的には感じます。居心地のよさとか、バックグラウンドを知っていることの安心さを付き合うメリットとして訴えかけていきたいよね。

桐谷ヨウ

ブロガー・コラムニスト。国内大手メーカーグループ~外資コンサル系企業在籍中に、自身の豊富な恋愛経験をもとにファーレンハイト名義でブログ『My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only』を開設。上から目線で語られる“恋愛・モテ”の記事は開始早々月間20万PVを獲得し、一躍人気ブロガーに。初の著書『仕事ができて、小金もある。でも、恋愛だけは土俵にすら上がれてないんだ、私は。』(ワニブックス)が好評発売中。

公式ブログ:http://www.fahrenheitize.com/
Twitter:https://twitter.com/yohkiritani

この著者の記事一覧 

SHARE