お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メイク

チークは入れ方次第で美人度UP! 顔型別・小顔に見せるテクニック

西田美穂

メイクの完成度を高める上で、欠かすことのできないチーク。小顔に見せたり印象を変えられるうえに、グッと美人度がUPする優秀アイテムです。でも、チークの正しい入れ方って、理解していますか? 今回は、正しい使い方から小顔に見せるテクニックまで、カラーアナリストで美容研究家の西田美穂さんに詳しく解説していただきました。

■意外と知らない! 正しいチークの入れ方

普段、何となく使っていて、意外と知らないのが正しいチークの入れ方。そこでチークの種類と特徴、それぞれのタイプ別に正しいチークの入れ方について紹介します。

◇パウダーチーク

☆質感の特徴

ふんわりと色づく、ソフトな質感です。パールなしのものはマットに仕上がり、パールありのものは輝きとツヤを与えます。

☆合う肌質

どちらかというと、脂性肌の方と相性がいい傾向にあります。パウダリーファンデーションなどでさらっとしたベースを作ったあとに、パウダー状のチークは入れやすく映えます。

☆使い方

チークブラシを使用します。ブラシの両面にたっぷりと取って、ティッシュの上でブラシを往復させ量を調整します。手の甲で、チークを薄く色づく程度まで落とすくらいがちょうどいいです。

◇クリームチーク

☆質感の特徴

しっとりとして、ハリとツヤの出る質感です。比較的しっかりと発色します。

☆合う肌質

乾燥肌・混合肌の方と相性がいい傾向にあります。リキッドファンデーションなどしっとりしたベースメイクの上からなじみませやすく、乾燥気味の頬に湿度を含んだツヤを与えてくれます。

☆使い方

指に取って使います。手の甲に軽く広げて色の濃さを確認したら、頬ののせたい箇所の中心に少しずつのせ、外側へと広げます。その後、指の腹またはスポンジでなじませます。

◇リキッドチーク

☆質感の特徴

みずみずしく透明感のある質感です。なじみがよく、自然な発色に仕上がります。

☆合う肌質

乾燥肌、混合肌の方と相性がいい傾向にあります。リキッドファンデーションなどのしっとりしたベースメイクになじみやすいです。クリームチークほどの保湿感はありませんが、乾燥気味の頬にみずみずしさを与えてくれます。

☆使い方

指に取って使います。手の甲に軽く広げて色のつきを確認したら、頬ののせたい部分に3カ所、点を打つように少しずつ置きます。その後、指の腹で叩くように広げなじませます。

次ページ:顔型別・小顔に見えるチークの入れ方とは?

お役立ち情報[PR]