お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メイク

一重のためのメイク術! 「かわいい」と言われる一重アイメイクとは?

一重さんがぶつかりがちなアイメイクの壁。メイクをしてもクールなイメージになってしまい、キュートな感じにならないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで、アイメイクのカラーやメイク方法で明るくかわいい目元にするコツを、ヘアメイク専門店・アトリエはるかに聞きました。

■真似したい! かわいく決まる一重メイク

さっそくナチュラルでかわいく見える一重向けのアイメイク方法について、アイテムごとに紹介していきます。

◇アイシャドウの使い方

かわいい印象というと、ピンクを選びがちですが、ピンクのみだと腫れぼったく見えるので、ベージュをベースにして自然な明るさを出すのがオススメです。

グラデーションにするなら、ブラウンの締め色を目の際に足して、アイホールの中心にツヤ感のあるパール系シャドウをのせると、明るさと立体感が出ます。

さらに、下まぶたにもツヤ感のあるパール系のシャドウをのせると、涙袋のようにふっくらとなり、目に縦幅も出てかわいらしい目元になります。このパール系のアイシャドウはギラギラしすぎない、粒子が細かいものが◎。

◇アイラインの使い方

一重だとキリッとした印象になりやすいので、アイラインは黒よりもブラウンのほうがオススメ。柔らかくかわいらしい目元に近づけます。

目尻を少し長めに引くと横幅も出て、自然に目を大きく見せることができます。

下のアイラインは、囲みラインにならないよう目尻から1/3だけ入れてブラウンのシャドウでぼかすと、たれ目風でかわいい大きな目に見せることができます。

◇マスカラの使い方

一重の方はまつ毛で目力が変わるので、ビューラーでまつ毛を根元から立ち上げ、ロング効果の高いマスカラをしっかりつけます。そうすることで目に縦幅が出てより大きな目に見えます。

目を丸く見せるとよりかわいらしく見えるので、真ん中をよりしっかり上げ、マスカラも二度塗りすると効果抜群です。

◇アイブロウの使い方

一重の方は眉と目の幅が広い傾向にあるので、眉全体を少し下に描き足していくとお顔が引き締まり、立体感が出ます。

ハイライトを眉山、眉下に少し足すと、さらに立体感を出すことができます。

次ページ:一重のタイプ別メイク方法とは?

お役立ち情報[PR]