お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メイク

上手なアイブロウの使い方とは? 美人眉の書き方&整え方

西田美穂

顔のパーツの中で、印象を大きく変えるポイントとなる眉毛。でもアイブロウって、眉のカーブを書いたり左右対称にするのがなかなか難しいですよね。そこで今回は初心者でも美人眉が書ける上手なアイブロウの使い方を、美容研究家の西田美穂さんに教えてもらいました。

■ナチュラル眉を書く方法

まず、自分の眉を生かしたナチュラル眉を書くためには、基盤となる眉毛を整えて自然に見える形を作るのがポイントとなります。そこでナチュラル眉の書き方と、眉毛の整え方を教えてもらいました。

◇眉毛の基本の3点を決める

まずは、眉毛を抜いたりそったりするのを一旦止めて、ちょっと生やした状態に戻しましょう。そして、眉を書く前に、「眉頭」「眉山」「眉尻」基本の3点を決めます。

(1)「眉頭」の位置:目頭の垂直線上に設定

(2)「眉尻」の位置:小鼻と目尻を結ぶラインの延長線上で、高さは眉頭の下ライン(生え始め)から水平な延長線上、その交点に設定

(3)「眉山」の位置:黒目の端と目尻の垂直線上の間に設定

◇ナチュラル眉を書くコツ

アイブロウペンシルで、眉頭から眉山に向かって、上下の太さを平行にしたフレームを書きます。

次に眉山から眉尻のラインを書きます。眉尻に点を決めて、そこに収束するようになだらかに。後でボカすことも修正することもできるので、最初から完璧に書こうとしなくて大丈夫です。

さらにアイブロウパウダーで書いたフレームの中を埋めていき、スクリューブラシで眉頭を上方向へとかして余計な線をぼかします。このとき、濃く書いてしまったところも同様にぼかします。眉尻のラインがぼやけていたら、綿棒で拭き取って整えるとすっきりします。

◇眉毛の整え方

眉毛を整えるのは、アウトラインを書いた後がオススメです。コームで眉全体に流れをつけます。眉頭は上方向へ、眉山~眉尻間は眉尻にまとめるようにとかします。その状態で、はみ出している毛のみカットします。毛抜きで抜くのは眉頭と眉尻の下にしましょう。

毛量がある方は、まずコームで眉頭の毛を上に向けて押さえて、眉頭上から出た毛をカットします。眉頭から指1本分移動し眉山に向かってコームで押さえ、また上から出た毛をカットします。眉頭~眉尻は下に向けてコームで押さえて、はみ出した毛をカットします。

次ページ:グラデーション眉を書く方法

お役立ち情報[PR]