お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メイク

【2017年夏】気になる彼をドキッとさせる。色っぽい浴衣メイクとは

水谷亜衣子

お祭りや花火大会で浴衣を着る女性は多いですよね。しかし、いつもと同じメイクをしていませんか? きちんと浴衣に合わせたメイクをすることで、グッと色っぽい顔に仕上げることができます。ここでは、浴衣に似合うメイクのコツについてアトリエはるかのヘアメイクアーティスト・水谷亜衣子さんに解説してもらいました。

imari0i9a0072_tp_v

■浴衣メイクのコツ

☆透明感のある肌をつくる

和服のよさを大切に、淑やかさのあるメイクをイメージするといいのではないでしょうか。そのため、自然な血色感や透明感のあるベースづくりが大切です。また、夏祭りや花火など、お出かけ中はメイク直しのしづらい環境が多々あるので、持ちのよさも意識しましょう。

☆抜け感を大切にする

浴衣は、江戸時代の湯上がり着が進化して夏のおしゃれ着になった背景を踏まえ、ポイントメイクに関しても、抜け感や色っぽさ、ツヤのあるメイクをしましょう。決してしっかりつくり込んだメイクにしないことがポイントです。

☆首まわりのファンデーションを馴染ませる

肌の露出面積が少ないので、首まわりに近い部分などは、ファンデーションがしっかり馴染むようにしましょう。顔だけ浮いているということがないように注意してください。

☆バランスを考える

浴衣は、色や柄、帯との合わせ方で、ガラッと雰囲気が変わります。それに合わせて、メイクも足し算引き算のバランスを考えることが必要です。

次ページ:ベースメイク編

お役立ち情報[PR]