お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ヘアスタイル

髪は肌の5倍も紫外線を浴びる!? 美容師に聞く「髪の日焼け対策」とは

小林 篤史

紫外線が気になる季節、シミができないように日焼け対策に力を入れる人は多いですよね。しかし、肌の日焼け対策だけで満足していませんか? 実は、髪も日焼けするので、しっかり紫外線から守ることが大切です。そこで今回は、髪の日焼け対策やヘアケア方法について、美容師のMINX銀座中央通り店のトップデザイナー・小林篤史さんにお話を聞いてみました!

髪

■髪と紫外線の関係って?

まず、意外と知られていない髪と紫外線の関係について話を聞いてみました。

一般的に頭皮や髪の毛が受ける紫外線の量は、顔の肌と比べると3~5倍と言われています。肌が紫外線を浴びると、UVAの影響でシミやシワ、たるみ、UVBの影響で、炎症や日焼け、赤みなど、肌トラブルの原因に。そして髪の毛の場合、UVBの影響を強く受けると言われています。なぜなら髪の毛の主成分は、アミノ酸のシステインが結合したタンパク質でできており、紫外線はこのタンパク質の結合を分解する力があるからです。なので、髪がダメージを受け、傷みにつながります。

髪

次ページ:髪が日焼けするとどうなるの?

お役立ち情報[PR]