お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ヘアスタイル

髪は肌の5倍も紫外線を浴びる!? 美容師に聞く「髪の日焼け対策」とは

小林 篤史

紫外線が気になる季節、シミができないように日焼け対策に力を入れる人は多いですよね。しかし、肌の日焼け対策だけで満足していませんか? 実は、髪も日焼けするので、しっかり紫外線から守ることが大切です。そこで今回は、髪の日焼け対策やヘアケア方法について、美容師のMINX銀座中央通り店のトップデザイナー・小林篤史さんにお話を聞いてみました!

髪

 

■髪が日焼けするとどうなるの?

髪が日焼けすると、どのような影響があるのでしょうか。くわしく解説してもらいました。

女性

☆キューティクルがはがれやすくなる

キューティクルは、髪の一番外側を覆っている膜のようなものなのですが、そのキューティクルが紫外線の影響でめくれたり、はがれてしまいます。すると、髪の中のタンパク質や保湿する成分が流れ出て、髪の水分や栄養がなくなってしまいます。

☆髪のツヤがなくなり、パサつく

紫外線でキューティクルがはがれると、髪の中の水分や栄養が流れ出てしまい、それが原因で髪が乾燥し、パサつきの原因になります。夏に髪の表面だけパサパサしてくるのは、紫外線の影響でもあるのです。

☆髪の柔軟性がなくなり、切れ毛や枝毛ができる

はじめにも書いたように、強い紫外線は、髪内部のシステイン結合を壊します。そのため、髪の毛の柔軟性がなくなり、引っ張っただけで髪の毛が切れたり、毛先に枝毛ができやすくなります。

☆髪の変色やカラーの色持ちを悪くする

紫外線は、髪内部のメラニンを分解する力があります。メラニンというのは、髪の色を作る色素なのですが、メラニンが紫外線によって分解されてしまうと、髪の色が徐々に抜けて、赤みを帯びた色に変色します。また、カラーリングをしている髪は、バージン毛よりメラニン色素が少ないため、より紫外線の影響を受けやすい状態に。注意が必要です。

☆髪や頭皮の老化現象が進む

肌が紫外線を受けると、シワやたるみの原因になるように、髪や頭皮も同じように老化現象が起こります。紫外線により、髪の毛の根元にある毛母細胞がダメージを受けると、抜け毛や薄毛、白髪の原因になります。

次ページ:日焼けから髪を守るコツとケア方法って?

お役立ち情報[PR]