お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

【弁護士監修】「性格の不一致」を理由に離婚するときに注意すべきこと

石濱嵩之

「“性格の不一致”で離婚するときに注意すべきこと」まとめ

離婚は、子どもや親族などを巻き込む大きな問題です。特に多感な時期でもある子どもにとっては、自身の生育環境が大きく変化する事態でもあり、できれば避けたいものです。大きな夫婦喧嘩をしたときなどには、「性格の不一致だ」「もう離婚しかない」という気持ちになりがちです。しかし、「お互いもともと他人なのだから、考え方がちがって当たり前」ということを思い出して、決断を早まらないようにしたいですね。

(監修:石濱嵩之/グラディアトル法律事務所)

※画像はイメージです

(※)最高裁判所 司法統計 「第19表 婚姻関係事件数―申立ての動機別」
(注)申立ての動機は、婚姻関係事件の申立人の言う動機のうち主なものを3個まで挙げる方法で調査重複集計したもの

お役立ち情報[PR]