お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

彼氏に振られたあとが勝負! 「立ち直る方法」と「復縁のコツ」

織田隼人

好きな彼氏から「別れよう」と告げられたら、すぐには気持ちを整理することはできないかもしれません。でも、失恋から立ち直れないままではつらすぎますよね。今回は、彼氏に振られたあと、どのようにすれば立ち直れるのか、そしてやっぱり彼を忘れられない場合によりを戻しやすくするための復縁のコツについて、男女の心理にくわしい心理コーディネーターの織田隼人さんに教えてもらいました。

ハートを抱える女性

■なぜ冷めちゃったの? 彼氏に振られた理由を分析

彼氏に振られたあとはつらいですが、まずは、現実と向き合い、彼氏の気持ちを受け入れることが必要になります。どういった理由で別れに至ってしまったのかを振り返ってみましょう。

ハートと女性

◇【彼氏が原因の場合】

☆彼氏に、ほかに好きな女性ができたから

恋愛なので好きという感情で2人の関係が動いています。好きという感情は、付き合う前から付き合った直後に一番大きくなり、その後は徐々に落ち着いてきます。そうすると、彼がほかの人を好きになる可能性が出てきて、そしてほかに好きな人が本当にできると別れに発展してしまいます。もちろん、新しく付き合った彼女にも同じように気持ちが冷めるタイミングが訪れます。

☆お互いにすれちがいが多かったから

お互いに会いたいと思っているのに会えない……といった状態が長く続くと、恋愛すること自体が「ストレス」のように感じられてしまいます。本来楽しいはずであった恋愛がストレスになってしまうと、「付き合っている意味がない」「別れたほうがスッキリする」という風に考えてしまうのです。休日のちがいや、働く時間帯がちがう(一方が夜勤など)場合、遠距離恋愛でよく発生してしまうのが、このすれちがいです。

☆彼女との将来が考えられなかったから

結婚を真剣に考えている人ほど、2人の将来についていろいろ想像します。そして、結婚後の姿が幸せそうに感じられなかったり、経済的にどうしても苦しそうだったり、親が受け入れてくれなさそうだったり、2人の経済格差が大きすぎて普段の生活などが調整できなさそうだったり、彼の収入が少ないのに女性側が専業主婦希望だったりするなど、2人の未来が明るくないときに別れにつながることが多いです。

スーツの男性とハート

◇【あなたが原因の場合】

☆彼に尽くしすぎて自分を出せなかったから

尽くす女性は「我慢」をする傾向があり、その我慢によって自分自身のよいところも出せなくなってしまい、男性から魅力的でない、と思われることが多いです。魅力的な女性は、感情豊かです。そしてその女性はワガママで彼を少し振りまわしつつ、彼もそのワガママを受け入れて振りまわされるのを楽しむという関係になっていることが多いです。

しかし、尽くす女性はワガママを言わずに、そして自分の感情自体も押し殺して「嫌われないための行動」をとっていて、彼からするとロボットと付き合っているみたい、と感じてしまうこともあります。そして、ロボット相手なら付き合う必要がない、と別れを切り出されてしまうことが多いのです。

☆彼の気持ちを試してしまったから

ワガママといってもいくつか種類があり、彼が気持ちよく受け入れてくれるワガママと、彼が疲れてしまうワガママがあります。

彼が疲れてしまうワガママの典型的なものが、彼の気持ちを試すワガママです。「会いたいからすぐに来て」「そんなんじゃ、ほかの人のことを好きになるかもしれないよ」など、そんな風に彼を試せば試すほど、彼は疲労していきます。疲労が蓄積すれば「これ以上付き合えない」と彼は考えてしまいます。

彼を試す行為は、試す側としては気持ちがいいかもしれませんが、その場で気持ちがいいだけで、結果的に彼の気持ちが離れて行ってしまい別れに発展します。

☆彼を傷つけたり彼を失望させたりしたから

仲よくなっていくと、どんどん礼儀もわきまえなくなってしまうもの。そして、彼に対して傷つける言葉を言ったり、彼が受け入れられないような言動(店員に冷たくあたる、友だちの悪口を言うなど)をすると彼の気持ちは離れていきます。

恋をしているときはどうしても相手を「理想の人」と見てしまいます。恋が冷める瞬間は「理想じゃなかった」と気づいたときです。もちろん完璧に理想通りの人間なんていませんし、相手に対してある程度冷めてしまう瞬間は誰しも訪れるものです。ただし、少し冷めたからといって、すべてのカップルが別れてしまうわけではありません。別れに至らないケースは少しずつ理想がはがれていくパターンです。つまり、振られることなく長く付き合えるというのは、多少理想的でなかったとしてもやっぱり好き、となることが必要なのです。しかし、彼を失望させるレベルでの言動に問題があると、一気に恋が冷めて、相手のことを受け入れられなくなるのです。

お役立ち情報[PR]