お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【専門家監修】好きな人を忘れたいときに試したいこと5つ

織田隼人(心理コーディネーター)

好きな人を忘れる方法

05

それでは、どうしても思い出してしまう人を忘れるにはどうすればいいのでしょうか。具体的な方法を織田先生に教えていただきました。

好きな人を忘れる方法5つ

①関係性を切る

LINEやSNSなどでの関係性を削除し、電話番号なども消してしまうとよいです。つながっているから忘れにくくなるので、「もうつながっていない」という一種のあきらめから忘れやすくなります。

②思い出のものを全部捨てる

好きな人との思い出の品や写真、メールやLINEでのやりとりなどを全部捨てたり消したりしましょう。思い出すための道具がなくなってしまうと、思い出すきっかけも減ります。そして自然と思い出す回数も減っていきます。直接的に彼と関係していなくても、間接的に関係してくるもの(その人とやりのために購入したスタンプなど)も消してしまった方がいいです。

③趣味を充実させる

暇な時間があるとついつい好きな人のことを考えてしまい、そして思い出してしまいます。暇な時間がなくなれば思い出す時間も減りますので、どんどん自分を忙しくしていきましょう。もし、ちょっとした隙間時間などにふと思い出してしまう場合は、「スマホゲーム」をやってもいいです。とにかく考える時間をなくしてしまうことが大切です。

④会わない

関係性を切りたいのであれば、もちろん会わないにしたほうがいいです。仕事でどうしても会う場合には、転職も真面目に考えてみてください。忘れられないというのは、別の人と恋愛をする時間を削っている状態です。人生は短いので、時間を無駄にしないほうがいいです。仕事は一生に関わることかもしれませんが、恋愛や結婚のために転職をすることも時には必要です。

⑤別の男性を探す

忘れられない、という気持ちは過去に向けられたものです。つまり未来を探そうとすれば、自然と忘れやすくなります。たとえすぐに人を好きになれないと思っていても「せっかく自由の身なんだからどんどん合コンしよう、これはチャンスだ」と前向きな気持ちになって進むとよいです。前向きな気持ちは未来に向かっているときに生まれるので「新しい彼を探す」といったこの機会に、できることをやることが重要です。とことん楽しんでみてください。

どうしても忘れられないときの対処法

心が痛んで痛んでどうしようもない。こんなときにはグチを言って気持ちを吐き出すことが大切です。ただ、友達にグチを言っても聞いてくれないことも多いでしょうし、しつこく言うと「うじうじするな」と思われてしまいますので、吐き出し先が見つからないときは、カウンセラーを頼ってもよいです。誰かに何回も話していると、そのうち「もうダメなんだ」ということを自分で「納得」していきます。

ダメなことは理解していても、納得できていなかった、だからどうしても忘れられずに心が痛む状態になっていたのです。自分で話すことで理解して、そして何度も繰り返し話すことで少しずつ納得していきます。納得したら先ほど挙げた忘れる方法を試してください。

次ページ:まとめ

SHARE