お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

プロポーズされたい! 既婚男女に聞いた「彼氏からプロポーズを引き出す方法」

ファナティック

既婚男女に聞いた「プロポーズされたい女性がやるべきこと」

最後に、既婚男女のみなさんに「プロポーズをされたい女性がやるべきこと」を教えてもらいましょう。

カップル

やさしくする

・「やさしくすること。一緒にいる時間を、かけがえのないものにすること」(男性/33歳/医療・福祉/専門職)

・「適度なボディータッチ、やさしい一言、思いやりの気持ちを持つことです」(男性/39歳/その他/販売職・サービス系)

やさしさが欠けている相手を、結婚相手にしたいとは思えませんよね。彼に対して「ちょっと面倒だな……」と思うことがあっても、その気持ちをおさえてやさしく接すると、プロポーズの言葉も早く聞けるかもしれませんよ。

まわりから固める

・「外堀から埋めていき、相手が行動を起こすようにする」(男性/33歳/運輸・倉庫/技術職)

・「自分の両親や、相手の両親に積極的に会いに行く」(男性/38歳/情報・IT/営業職)

彼の本人がなかなかはっきりしないのなら、外堀から埋めていくのも手ですね。彼の友人や家族と面識があるのなら、そのあたりから攻めていき、気に入ってもらうといいでしょう。

手料理を振る舞う

・「料理など家庭的な面も見せつつ、女性としての振る舞いも忘れない」(女性/31歳/学校・教育関連/その他)

・「手料理を振る舞い、いつでも結婚できるアピール」(女性/34歳/その他/その他)

胃袋をつかむのは、今も昔も王道なのでしょうか。彼女においしいご飯を作ってもらえたら、彼も「一緒に暮らしたい」と思ってくれるはずです。

心の支えになる

・「彼には言わないけど、支えている雰囲気を醸し出す」(女性/31歳/その他/販売職・サービス系)

・「仕事を失っても支えてあげる、絶対に見捨てないという安心感を与え、唯一無二の存在感を醸し出す」(男性/36歳/情報・IT/技術職)

彼の心が弱っているときこそ、自分が支えになることをアピールし、かけがえのない存在になるチャンス。うわべだけではなく、しっかり支えてあげることで、「この子となら苦難を乗り越えられる」と思ってもらえるでしょう。

彼が理想とする女性に近づく

・「女優になること。相手の望む女性になりきること」(女性/29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「相手が思い描いている理想を、なるべく壊さないでいること」(女性/31歳/その他/その他)

彼にとって理想的な「奥さん像」があるなら、その理想に近づくように努力するのも、ときには大事。理想とあまりにもかけ離れていると、「結婚はないな……」と思われてしまうかも。

彼からプロポーズをしてもらうためには、ひとりよがりにならず、彼の気持ちをよく考えて行動することが大事なようです。そうすることで、彼にとっての「かけがえのない存在」に近づけるのかもしれません。

次ページ:まとめ

SHARE