お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

男子がグッとくる! 「地味系女子」の意外なギャップ6つ

ファナティック

camerajyosi_takebe_tp_v言動が派手な女性と比較すると、物静かなタイプの女性は地味な印象になりがちです。よーく見ると、いいところもいっぱいあるはずなのに……見過ごされて、損をすることもあるのかもしれませんね。こんなときには、ギャップで勝負! 物静かなタイプの女性が見せたら思わず、グッとくるギャップについて、男性意見をリサーチしました。

■ニッコリ

・「優しそうな笑顔が見られると、うれしい」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「ふとしたことで笑顔が見えたとき」(27歳/医療・福祉/専門職)

普段おとなしい印象の女性だからこそ、ふとした瞬間の「笑顔」に、特別なパワーが宿ることがあります。「あ、この子こんな顔をして笑うんだ!」と思わせられたら、もう勝負はこちらのもの。素敵な笑顔を意識してみてください。

■夢中な姿

・「子どもとかに笑顔で接してたり、自分の興味のあるものに対して、目をキラキラさせているときなど」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「スポーツ観戦などで、予想以上に盛りあがっていたら」(29歳/医療・福祉/専門職)

自分が好きなものに対して、まるで子どものように夢中になる姿。地味な印象の女性の方が、ギャップを感じる男性も多いようです。好きなことは隠さず、素直にアピールしてみてはいかがでしょうか。

■はしゃぐ姿

・「はしゃぐように喜ぶ姿」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「自分と一緒のときだけはしゃいでくれる」(30歳/自動車関連/技術職)

時には思い切り、はしゃいでしまうのもアリです。「こんなところ、見せてもいいのかな……」なんてためらう必要はありません。遊園地やお祭りなど、非日常の空間へ出かけ、みんなと一緒にはしゃいでみるのもオススメですよ。

■カラオケで勝負

・「カラオケなどで歌が上手かったら聞き入ってしまう」(24歳/その他/営業職)

・「カラオケでロック熱唱」(27歳/医療・福祉/専門職)

物静かなタイプの女性かと思いきや、カラオケでまさかの熱唱! しかもかなり高度なテクニックを持っていたとしたら……! 「おっ」と思わせられること、間違いなしです。人は第一印象に弱いものですから、一曲のみでも大丈夫。自分なりの「勝負曲」を作ってみてくださいね。

■酔ったときに……

・「お酒を飲んだらテンションが上がって色々話してくれる」(26歳/情報・IT/営業職)

・「少し酔ったときに自分のことを話す」(26歳/建設・土木/技術職)

はっちゃけた素顔を見せるのに、どうしても抵抗がある……!というときには、お酒の力を借りてみるのもオススメです。ただし乱れすぎには要注意! ほろ酔い程度にとどめておくのがベストです。

■大好き!

・「好意をストレートに示してきたとき」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「積極的になってきたとき」(27歳/その他/販売職・サービス系)

最後の手段は、やっぱりこちら。意中の男性だけに、自分の気持ちを正直にアピールすることです。「物静かな女子」からの真剣アプローチに、グラッとくる男性も多いはず。気持ちで気持ちを動かせるよう、頑張ってみてください。

■まとめ

普段は物静かで地味なタイプでも大丈夫! だからこそ、効果が期待できる「ギャップ攻撃」を試してみてくださいね。普段の落ち着きが、きっと魅力アピールの助けとなってくれることでしょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数332件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]