お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

この子は無理っ! 「結婚に向いてない女性」の特徴・5つ

ファナティック

結婚してみないと、相手が結婚生活に向いているかどうか、本当のところはわからないこともあるもの。ただし、その人の性格や本性から、結婚に向いてなさそうと感じることもありますよね。今回は、「結婚に向いてない」と思う女性の特徴について、既婚男性に聞いてみました。

洗い物がたまっている女性

家事ができない

・「家事ができないようなら、結婚は無理」(37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「家事全般ができない。ひとりじゃないからいろいろできないと」(39歳/不動産/営業職)

家事自体は夫婦で協力すればよいのですが、まったくできないとなると、協力し合うことができませんよね。

協調性がない

・「協調性がない人は結婚に向かないと思う」(28歳/運輸・倉庫/その他)

・「協調性がなく、妥協できない女性」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

結婚生活では、お互いに譲り合うことも必要ですよね。協調性がなければ、すぐにケンカになってしまいますから、結婚生活は難しいかもしれません。

子どもが嫌い

・「子どもが嫌いで家事ができないような女性」(36歳/機械・精密機器/技術職)

・「子どもが嫌いな女性。子育てはやはり女性のほうが向いているので」(35歳/医療・福祉/専門職)

結婚を考えれば、子どもがほしいと思う男性は多いですよね。その子どもが嫌いとなると、男性は結婚を躊躇してしまうこともありそうです。

仕事が生活の中心

・「仕事中心にしている生活。楽しそうではない」(35歳/建設・土木/技術職)

・「仕事人間。家庭をまったく顧みなそう」(37歳/警備・メンテナンス/その他)

仕事が大好きな女性であれば、結婚生活よりもどうしても仕事を優先してしまいそうですね。2人の時間を楽しめそうになければ、幸せそうな家庭が想像できないかもしれません。

わがまますぎる

・「わがまますぎる。こちらの思いを聞く耳を持たない」(31歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・「わがままで自分が一番の人は合わない」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

あまりにわがまますぎるのは、結婚以前に男性は引いてしまうのかもしれません。なんでもわがままを聞いてくれる相手でなければ、難しそうですね。

まとめ

男性が結婚を考える相手としては、やはり家庭的な女性ということになるのかもしれません。家庭よりも自分のことや、ほかのことを優先してしまう女性の場合、結婚には向いていなさそうと考える男性は多そうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月28日〜12月30日
調査人数:147人(25歳〜39歳の既婚男性)

※この記事は2017年01月28日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE