お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「彼女のヤキモチ」はかわいい? めんどくさい?

ファナティック

%e3%83%9d%e3%82%ab%e3%83%9d%e3%82%abヤキモチをやいて彼氏を振り向かせられることもあれば、上手にできず彼氏をイラッとさせるときも。男性はそもそも、彼女にヤキモチをやかれることをどう思っている? 社会人男性に「彼女がヤキモチをやいたとき、態度に出してほしいかどうか」を尋ねてみました。

後が怖いから、態度に出してほしい

・「微妙に態度に出してほしい。溜め込まれて、後で不機嫌になるのが嫌だから」(32歳/情報・IT/技術職)

・「態度に出してもらった方がかわいいと思う。出さないと怖いと感じる」(37歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

ヤキモチは我慢できますが、その我慢が積もり積もると後で大爆発を起こしそうで怖いですよね。後で大ゲンカするより、不満があるなら小出しにしておいてほしい?

ヤキモチをやいてくれた方が、愛されていると感じる

・「態度に出してほしい。できれば我慢してるけど、抑えられない感じが理想」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「態度に出してほしい。少し面倒くさい場合もあるが、ヤキモチをやいているのがかわいいし、愛されていると感じるから」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

彼氏がヤキモチをやいている姿が妙にかわいく、いとしく思えるように、彼女のその姿もかわいらしく見えるのだそう。ほどほどにヤキモチをやくことは大事かもしれませんね。

態度に出してもらえると、早めに対処できる

・「態度に出して言葉にも出してほしい。彼女が本当に好きなら、ヤキモチをやかれるようなことはなるべくしたくないから」(26歳/その他/販売職・サービス系)

・「態度に出してほしい。できるだけトラブルは早めに対処したい」(38歳/その他/事務系専門職)

またヤキモチを早めに態度に出してくれたほうが、早めに対処できて助かるという男性も。積もり積もった不満を後から対処するのは、なかなか大変です。

態度に出してくれたら、ケンカにならずに済む

・「態度に出してくれないと、なんで怒ってるかわからなくてケンカになる」(38歳/機械・精密機器/技術職)

・「素直に態度に出してほしい。何にも言わずにむくれるとか、話もしないとかは精神的に来るからやめてほしい」(37歳/その他/クリエイティブ職)

彼氏なら自分のことは全部お見通し……という訳ではなく、違う人間である以上わからないことはたくさん! 大ゲンカを防ぐなら気持ちは態度に出しておくべき?

みんながいる前ではNG、二人きりならOK

・「時と場合によるけど、誰もいないときは態度に出してほしいが、みんなで楽しく遊んでいるときは二人っきりになるまでは態度に出さないでいてほしい。まわりの空気が悪くなるから」(27歳/その他/その他)

・「態度にすると鬱陶しく思えるので、できるだけ出さないでほしい。出すなら周囲に迷惑をかけるようなものではなく、自分にしかわからないようなささやかなものにとどめてほしい」(39歳/その他/クリエイティブ職)

一方、自分たち以外の大勢の人がいる前では、ヤキモチはあまり出さないでほしいという男性も。二人をよく知り見守っている人たちに、いらぬ心配をかけそうですよね。

ヤキモチをやく加減にも気を付けてほしい

・「振り向いてもらおうと積極的になるのはいいが、すねて捻くれた態度を出すのはいらだつ」(29歳/その他/その他)

・「過度なヤキモチは嫌いなので、やいたとしてもたまに出してほしいです。毎回毎回だと相手も言うのが当たり前になり遠慮しなくなるし、当方も毎回毎回言われるとウンザリするので」(26歳/その他/その他)

またヤキモチのやき方加減がひどいと、彼氏もウンザリしてしまうとか。かわいらしく見えるヤキモチと、そうでないヤキモチの違いは意識しておいたほうがいいかも?

まとめ

ヤキモチをやいたときに彼氏が受け止めてくれることもあれば、ウザがられることもあり、正直態度に出したほうがいいのか迷うことも。ただ大半の男性は「早めに態度に出してほしい」と思っているよう。不満があるなら早め早めに二人で解決していきたいですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数394件(22歳~39歳の働く男性)

※この記事は2017年01月17日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE