お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

調子乗んな! 男子にとって「鼻につく女子」の特徴6つ

ファナティック

%e3%81%a7少し出しゃばりだったり、自慢が多かったりする女性は同性から「鼻につく存在」として目をつけられやすいもの。これは男性目線で見た場合も同じ? 社会人男性から見て「鼻につく女性」は、どんな発言や行動をする女性のことなのかを調査してみました。

恋愛マスター気取りの女性

・「自分がさも恋愛マスターであるかのように恋愛の話をベラベラとしゃべるとき」(33歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

・「飲食店の女子会などで恋愛話や仕事話で他の女性にマウントしてる女性」(36歳/その他/クリエイティブ職)

恋愛マスター気取りで他の女性をマウントするのが好きな女性は、男性から見ても鼻につきやすいのだそう。その独自の恋愛論を聞くと、思わず反論したくなってしまうせい?

男性を執事か召使いのようにこき使う女性

・「相手を執事か召使いような感覚で命令口調してるやつ」(37歳/医療・福祉/その他)

・「人を見下すことに慣れてしまっている女性の行動はどんな行動でも鼻につくと思いますし、大嫌いです」(36歳/その他/その他)

男性に対して妙に強気で命令口調で指示を出す女性、たまにいますよね。ちやほやしてくれる男性に囲まれていると、いつの間にか誰に対しても女王様対応に!?

完璧主義で、発言のほとんどが嫌味や批判

・「発言のほとんどが嫌味。飲み会でも、評論家じみたコメントばかりで、話を広げようとしない」(32歳/情報・IT/技術職)

・「自分の完璧さをアピールしたがる傾向にあって、逆に他人に対してとても厳しく、欠点や失敗を指摘したがる」(39歳/その他/クリエイティブ職)

完璧主義を貫く女性は、自分だけでなく他人にも厳しい視線を向けることが。自然と他人批判や嫌みの数も増えてきてしまいます。

「私」や「自分」からはじまる話が多い

・「自分は、自分はと自分の話しかせず、自分の良いことばかりしか言わない」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「私は、私の家は、私の彼氏は。から話が始まる」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

他の人の話に、必ず「私~」「自分~」話で割り込みしてくる女性もよく見かけますよね。会話の主導権を握りたがるタイプは、男性目線で見ても鼻につきやすい?

自分自慢が多い女性

・「自身の付き合っている男性がどれだけ社会的に優れているのが自慢をしたがる」(37歳/その他/その他)

・「自分の優れているところを自慢げに言ってくる人。自分はまわりの人とは違うと思っているような発言をしている場合」(27歳/医療・福祉/専門職)

自慢したくなる気持ちはわかるものの、そうヨイショばかりを求められると疲れてしまうもの。自分自慢が多い女性は、男性も対応が大変です。

女性の「察しろ」対応は鼻につく?

・「自分のことをわざと下げて男性に持ち上げてもらおうとしてるのがわかる女性」(38歳/その他/販売職・サービス系)

・「ため息、あと聞こえるかどうかぐらいの声で何か言って離れる人」(38歳/情報・IT/技術職)

何かしてほしいことがあるのに、それをストレートに言わず「察しろ」とばかりの対応をしてくる女性も。特に彼女から、こんな対応を迫られる男性は多そう?

まとめ

同性から嫌われやすい「鼻につく女性」ですが、やっぱり男性目線から見ても気になる対応は多いとか。特に自己主張が強めな女性ほど、男性からは引かれやすいよう。ついやってしまいがちなこともあるだけに、自分のこんな対応には気を付けたい……ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数394件(22歳~39歳の働く男性)

※この記事は2017年01月16日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE