お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

キモっ……。マジで最悪だった「セクハラ体験談」6つ

ファナティック

職場などで、セクハラの被害を受けたことがある女性はきっと少なくないと思います。モラルの意識が低く、女性に対して平気で嫌がらせをする男性は、いくら「セクハラはいけないこと!」とうるさく世間が言ってもいなくなりません。では、実際に女性たちがそんなモラルの低い男性たちに受けたセクハラの実態を見ていきましょう。

rf64315016_o

車の中で……

・「酔っぱらいを車で送らざるを得なかったとき、助手席を占領して、運転中ずーっと手を握られて離されなかったこと」(29歳/その他/その他)

・「上司がタクシーの中で手を握ったり、太ももをなでたりしてきた。逃げられない状況だったので何も言えず……」(24歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

車の中という、逃げられない状態でのセクハラ。女性たちが味わった嫌悪感と恐怖は計り知れません。そうやって怯える様子も、男性たちは喜んでいたのでしょうか……。

それが許されるのは好きな人だけ!

・「精神的に不安定なときに、なんの好意もない人に頭をなでられたこと」(23歳/医療・福祉/専門職)

頭をなでられることが好きな女性が多い、という情報が男性たちに誤った形で伝わってしまったのかも。それが許されるのは好きな彼だけという情報も頭に入れてほしいですね。

間接キス

・「ジュースをまわし飲みさせようとしていた。『目上の命令が聞けないわけ?』と怖い顔で言ってきた」(30歳/その他/その他)

・「上司の飲みかけのストローで飲み物を飲めと強く勧められたときは最悪でした。毎回断る理由を考えるのに苦労しました」(31歳/その他/事務系専門職)

友達同士の間接キスであれば気にならなくても、明らかに意図がありそうな態度で、異性に間接キスを強要されたら、それはセクハラにほかなりません。

2人きりで……

・「会社の社長から自分の不倫話を聞かされた。カラオケで2人きりのとき。逃げたかった」(34歳/その他/その他)

・「車を持っていないとき、上司に送ってもらったが、ごはんに行きたくもないのに無理やり付き合わされた」(28歳/学校・教育関連/その他)

断れないくらい立場が上の人に、2人きりで出かけたり、食事に連れて行かれたりするのも立派なセクハラ。コンプライアンス的には完璧にアウトでしょう。

触れてはこないけれど……

・「何も言わず何もされずだったけどジロジロ見られる。何考えてるかわからなくて気持ち悪かった」(28歳/医療・福祉/その他)

・「うしろつけられたり顔をジロジロ見られたりする、よくあるセクハラがイヤすぎて、意を決して公にして叱ってもらったら、ひらき直られて悪化。近寄らない条件のはずが、ますます接近してきて、毎日なんでもほめる」(34歳/学校・教育関連/その他)

触らなかったらセクハラではない、なんてことは決してありません。見つめるだけであっても、それが執拗なもので、見られている側が不快感を覚えるのならば、それはセクハラです。

言葉のセクハラ

・「学生のころ、バイト先の上司に彼氏がいないことをしつこくイジられた。完全にセクハラだと思う」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

触れないセクハラは視線だけではありません。口頭でのセクハラ被害を受けている女性は非常に多いはず。言っている本人は「触ってるわけじゃないし」と楽観的に考えているのかも……。

まとめ

コンプライアンスがよほど厳しい環境ではない限り、また、高いモラルを持っている人でない限り、セクハラの被害はいつ受けるかわかりません。ひどいセクハラを受けたときは、しかるべきところへ相談し、厳しく処罰してもらいましょうね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月22日~2016年12月23日
調査人数:358人(22~34歳の働く女性)

※この記事は2017年01月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE