お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

実は脈ありじゃない。恋愛で勘違いしてはいけない「男の言動」5つ

酒豪ガール

こんにちは。酒豪ガールです。今回は恋愛によくある「勘違い」について綴っていきたいと思います。

私のこと好きかも?と思ってしまうようなシチュエーションを経験したことがある女性も少なくはないのではないでしょうか?

しかし、よく見極めないと男性の言葉や態度と心理は一致しているとは限りません!そこも踏まえて私たちの見解を綴れたらと思います。

みんな一度は経験している「勘違い」

あの人、私のこと好きなのかも……。酒豪ガールのまわりも一度どころではなく何度もしているこんな「勘違い」ですが、これを読まれている皆さんも経験があるのではないかと思います。

特に勘違いしやすいのが、学生時代や会社関係など身近な間柄の男性とですよね。近いからこそコミュニケーションも増え勘違いしやすくなると思いませんか?

もう恋愛で勘違いしたくない!

しかし私たちも、そろそろいい歳だし「勘違い」が恥ずかしくなってきました。

「今いい感じの人いるの?」
「明日デートする〇〇君から告白されるかも」

こんな会話をした次の女子会で友だちに「どうだったの?」と聞かれて恥ずかしい思いをしたこともあります。

もう勘違いをして恥ずかしい思いをするのは嫌ですが、どうやって見極めればいいのかわからない! そんな女性たちのためにも私たちの見解をお伝えしたいと思います!

私のこと好きかも? みんなの勘違いエピソード

さて、まず25~34歳の社会人女性からアンケートで勘違いエピソードを集めましたので見ていきましょう。同じようなシチュエーションを経験したことがある女性も多いかもしれません。

脈ありかと思ったら、単に人懐っこいだけだった

・「年下の男性に気に入られたようで、いい感じだと思っていたが、人懐っこいだけで既に彼女がいた」(34歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「色々とちょっかいを出してくるので、脈アリかと思っていたら、結婚の予定があると同僚から聞いた」(28歳/その他/販売職・サービス系)

人懐っこい男性にありがちですね。大体姉がいる男性には注意が必要です。主観ですが、昔から女性慣れをしているので平均的な男性のコミュニケーション能力をはるかに超えている傾向にあります。ボディタッチや距離感、会話の内容までスムーズかつ深入りしてくるんです。

心まで入り込まれてしまったら勘違いしちゃいますよね。姉だけでなく、学生時代のアルバイトで女性とよくかかわる仕事をしていた男性もこの傾向にあります。とにかく、女慣れをしている男性には勘違いさせられがちなので注意してくださいね。

脈あり確定なシチュエーションだったのに……

・「クリスマスイブの夜から一緒にいてクリスマスの朝にプレゼントを渡されたので告白したらフラれた」(27歳/その他/その他)

・「毎日相手から連絡がきて、手もあっちから繋いでくれて『他の人にはこんなことしない、特別だよ』と言われ意識しはじめて気づいたら好きになっていたのに、いざ予定を決めるとドタキャンばっかで脈ナシなんだなと思った」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

これは、女性にモテたい男性にあるパターンです。実際脈ありを見せているのですが絶対に自分からは告白はせず、自分のことを好きになってくれる女性を確保して自分のプライドを保つ厄介なタイプでもあります。

女性が自分のことを好きになったらゲームは終了! このタイプには、絶対に「好き」な気持ちをバラさないようにしつつ、相手から告白をさせるしかないです。

脈あり状態を自分から作ってきており、女が落ちたら興味がなくなるという最低タイプです。遊びまくっている男性、もしくは彼女がいるけど彼女に冷たくされていて心がさみしいタイプに多いです。

連絡をたくさんくれたのは、ほかの女性が目的だった

・「やたら連絡をくれたり、誘ってくれるので、絶対自分を好きだと思ったら、友だちを紹介してほしいだけだった」(27歳/その他/事務系専門職)

・「脈ありだと思って2人で会ったら、好きな人の相談話をされたり、合コンの依頼だったとき……これは脈なしだと思った」(34歳/その他/事務系専門職)

これは今までのシチュエーションよりもわかりやすい内容ではあります。友だちと思っている女性にとりがちな対応で、友だちだから男性側も気張らずに連絡が取れているだけなのです。楽だから連絡がたくさん来たり2人で会って楽しく会話したりという関係ですね。

この場合よくあるのが女性側も男性に対して恋愛感情を見せておらず、完全に友だちとしてドライに接してしまっているということです。2人で会っても特に服装はいつも通り、サバサバ対応なんてことはないでしょうか?

「好きだけど、付き合えない」とは?

・「伝えたいことがあるけど今はまだそのタイミングではないから、待っていてほしいと言われたのに待っていられず会いに行ったら、そんなこと言ったけ? と言われた」(32歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「告白後好きだけど今は付き合えないと言われ、その言葉を信じ続けていたが、しばらくして相手に彼女らしき人がいることがわかった」(26歳/情報・IT/営業職)

これは完全にキープです。男性もわかっていて脈あり態度をとっているので勘違いしてもしょうがないです。たとえば同時に数人とデートを重ねているとき、本命の女性に振られた場合のキープとして確保しておきたい。そんな心理が隠れているかもしれません。

ほかにも、彼女と別れそうで別れた際に別の女性で埋めようとしている場合など恋愛体質の男性に多い対応でもあります。

脈ありかと思ったら、ほかの女性にも同じことをしていた

・「帰り道の方向が真逆なのに、仕事後に自宅まで送ってもらうことが続いたけれど、ただの優しい人だっただけで、ほかの子にも同じようなことしてた人がいた」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「誕生日当日、職場の外でプレゼントを持って待っていてくれてとても喜んだのに、後日ほかの人にも同じ行動をしていたようだった」(30歳/学校・教育関連/その他)

昔ながらのプレイボーイと思ってあきらめた方がいいタイプです。このタイプの男性に対して勘違いするのは仕方がないことですが、ハマってはいけないタイプです。とにかく女性が好きで女性を喜ばせることに生きがいを感じているタイプですので、彼氏や旦那にすると苦労をします。

次ページ:勘違いで失敗しないためには?

SHARE