お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

いい年して……「好き嫌いの多い男性」に対する本音・6つ

ファナティック

誰にでも、「これだけはどうしても食べられない!」と思う食べ物があるはず。身近な男性から、「実はコレ……苦手なんだ」と打ち明けられたら、意外な一面にキュンとしてしまうかもしれませんね。一方で、余りにも好き嫌いが多い場合、ちょっと微妙な感情を抱いてしまいます!? 好き嫌いが多い男性に対して、あなたはどう思う? 女性たちの率直な意見を集めてみました。

00_pp12_pp_tp_v

いい年して

・「食べ物の好き嫌いは子どもっぽいように感じる」(35歳/その他/販売職・サービス系)

・「もう大人なんだから、ある程度は我慢するべき」(28歳/金融・証券/営業職)

もういい年齢の大人なのに、好き嫌いをするなんて、「子どもっぽい!」と感じる方が多いようです。楽しい時間を過ごすためには、相手に不快な思いをさせないことも大切。できれば隠しておいていただきたいです。

めんどくさい……!

・「大嫌い。めんどくさい。生きる楽しみが減ってそう」(33歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「めんどくさい。特に食べ物の好き嫌いが多く、一緒にご飯を食べても不満顔でまずそうに食べられると腹が立ってくる」(34歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

「子どもっぽい」という感想は、まだマシかも? さらに一歩踏み込んで、「ただただめんどくさい」という意見も目立ちました。一緒に食事へ行ってこんな一面を見てしまったら……次の機会はなさそうですよ。

生育環境に不安

・「育ちがおぼっちゃますぎてワガママにしか見えないし、物を大切にできない人はあまり好きではない」(27歳/その他/その他)

・「甘やかされてワガママに育ったんだなぁとおもう。あとは、自己中で何も考えていない」(30歳/自動車関連/その他)

男性の好き嫌いは、その人が育った家庭環境にも影響されるものかもしれませんね。実際にはちがっていても、「この人、甘やかされて育ったんだろうなぁ」と妄想してしまいます。

私と同じ!

・「私自身も好き嫌いが凄く多いから気持ちが分かります」(28歳/その他/その他)

・「私も好き嫌いが多いので、あんまり何とも思わない」(26歳/その他/その他)

好き嫌いが多い男性がいれば、当然好き嫌いが多い女性だって存在するはず。もし、こんな男性と女性が出会ったら、思わず親近感を抱いてしまうものなのかも……!? 何が好きで何が嫌いなのか。盛り上がってみてはいかがでしょうか。

「将来」は考えられません

・「世界観や価値観が狭い人でつまらなそう。付き合ったら話が合わずですぐに別れるのかなと思う」(27歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「結婚したときに、ご飯を作るのに気を遣わなきゃならないからイヤだ」(25歳/その他/その他)

好き嫌いが原因で、なんとここまで考え込んでしまう方もいるようです。好き嫌いが多い男性とは、将来における苦労も大きくなってしまいそう! 料理の手間、子どもへの影響まで考えると、そう単純な問題ではありません。

せめてマナーを守って

・「表に激しく出さないのであればいいかと思います。少なくても、表にものすごく出すなら問題」(31歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「嫌いでも、人として最低限のルールを守って関われていればいいと思う」(28歳/学校・教育関連/専門職)

好き嫌いが多い男性に対してアレコレ思うところもありますが、人間であれば、好き嫌いはあって当然とも言えます。大切なのは、「好き嫌いをしない」ということよりも「好き嫌いを見せないよう、努力する」という点です。手を付けずに「コレ嫌い!」と言うのは、やめておきましょう。

まとめ

多くの女性が、好き嫌いの多い男性に対して、ネガティブな感情を抱くことがわかりました。一緒に食事をする人と楽しく過ごすためにも、「食べるための工夫や努力」は怠らないでいただきたいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数201件(25歳~35歳の社会人女性)

※この記事は2017年01月08日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE