お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

もっと恥じらえよっ! 彼氏の前で、やってはいけないこと・6つ

ファナティック

どんなときにも自分の彼女には女性らしい恥じらいを持っていてほしいと思う男性は少なくありません。付き合いが長くなったとしても、男女としての意識を忘れないためには、すべてをさらけ出さないほうがいいこともあります。今回は、男性たちに「彼氏の前で、彼女がやってはいけないこと」について聞いてみました。

彼氏にとがめられる彼女

ムダ毛処理

・「ムダ気の処理。女性としてありえないし、こっそりとやるようにしてほしいから」(34歳/通信/技術職)

・「ワキ毛などのムダ毛を処理する行為」(38歳/金融・証券/営業職)

ツルツル肌の女性でも、ムダ毛が生えることは男性も知っていること。だからといって、その処理を目の前でされると幻滅してしまうという人は多そう。ムダ毛を処理するならこっそりバスルームでやったほうが、女性としても落ち着きますよね。

おならやげっぷ

・「げっぷ。おならはかわいく見えるけど、げっぷはちょっと引いてしまう」(30歳/情報・IT/営業職)

・「おならをすること、引いてしまいそうになってくるので」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

生理現象でもあるおならやげっぷは不意に出てしまうこともあるけれど、できれば控えてもらいたいというのが、男性の本音。音やニオイが気になるおならやげっぷが彼女から聞こえてきたら、ドン引きという男性もいるようですね。

目の前で着替え

・「全裸で堂々と歩きまわること、エロさがなくなるから」(26歳/金融・証券/専門職)

・「目の前で平気で着替えをする」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

彼氏に着替えを見られるくらい平気だと思っている女性もいるかもしれません。ただし、男性としては、男と女としてのドキドキ感をなくさないためにも、恥じらいを持って隠してほしいと思っているみたいですね。

化粧

・「化粧。現実に引き戻される感じがするで」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

・「急にお化粧直しをしはじめること」(25歳/運輸・倉庫/営業職)

女性の身だしなみのひとつとも言えるお化粧は、男性からするとちょっと気恥ずかしいような気がするもの。化粧の途中経過を見せられるというのは、どうにも現実的すぎるようですね。

下品な行動

・「下品な言葉遣いや下品な行動など」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「だらしない行動は、やめてもらいたいたい」(35歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

付き合いはじめたころには見せなかった乱暴な言葉遣いや下品な言動。いくら親しくなったからとはいえ、彼氏の前でそういう姿を見せると、猫をかぶっていたのかと思われそうですね。

彼氏の悪口

・「彼氏をおとしめること」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「彼氏の悪口とか、けなすことはやめてほしい」(35歳/不動産/その他)

ケンカしたときや腹が立ったときに彼氏の愚痴を言うことはあるかもしれませんが、それをすることで自分自身の選んだ男性をおとしめているということに気づいていますか? そもそも人の悪口を言うこと自体があまり品のいい行為ではありませんよね。

まとめ

長く付き合っていると、彼氏といるときの緊張感も薄れてくるせいか、恥じらいのない行動を取りがちです。自然体で一緒にいられる関係になるのはいいとしても、気を遣わなさすぎるというのはちょっとちがいますよね。どれほど仲よくなっても彼氏を異性として意識して、最低限の気遣いはするように心がけたほうがよさそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月8日〜2017年1月6日
調査人数:362人(22歳〜39歳の働く男性)

※この記事は2017年01月08日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE