お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

恥ずかしいっ……! 送ったことを「死ぬほど後悔したLINE」6選

ファナティック

手軽に相手とコミュニケーションをとれるLINE。ときには「あぁ、あんなメッセージを送らなければよかった!」なんて思うことはありませんか? そこで今回は、送ったことを死ぬほど後悔したLINEの内容を、働く女性のみなさんに聞いてみました。

shared-img-thumb-saya160312200i9a3531_tp_v3

1.グループLINEに……

・「30人くらいのグループLINEで、旦那に送る内容を間違えて送った」(33歳/医療・福祉/専門職)

ひとりの相手だけに送るつもりが、まさかのグループLINEに投稿……! 関係ない人にとっては「?」な内容に、思わず赤面してしまいそうな瞬間ですね。みんな大人の対応をしてくれるはずですが、「ずっと残る」という点も気になってしまいます。

2.ポエム?

・「ポエム調に書いていたメッセージを消すつもりが送ったこと」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「まだ若いころに、友だちにポエム調のメール送ってたとき」(27歳/自動車関連/技術職)

テンションが上がって、ポエム調で作ってしまったメッセージ。消すつもりが送信してしまい、恥ずかしい思いをした女性も少なくないようです。「そういえばあのとき……」なんて、思い出話になるのは避けたいところです。

3.元カレへのラブLINE

・「酔っ払って元カレに送ってしまった、会いたいメール」(33歳/不動産/営業職)

・「元カレに復縁を迫るLINE。断られたので」(25歳/その他/事務系専門職)

元カレへのLINEも、後悔のもととなってしまうようです。酔っぱらったときや寂しい気持ちが募ったとき……つい元カレに連絡したくなることはありませんか? 思うような反応は得られず、後悔する可能性が高いので、自制するのが賢明かもしれません。

4.彼氏に対する気まずいLINE

・「彼氏に間違って男友だちの名前を打って送った」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「怒りに任せて、彼氏にひどいことを散々書いたLINEを送ってしまったとき」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

一方こちらは、今の彼氏に対する気まずいLINEを挙げる意見です。こんなLINEメッセージがきっかけで、2人の距離が離れてしまう可能性も大……! 作ったメッセージはきちんと確認するようにしましょう。

5.言えなかった素直な本音

・「告白してもいい? と聞いて返事が来なかったこと。どうせなら告白して振られたかった」(25歳/マスコミ・広告/営業職)

・「好きなのに、好きじゃない風なLINE。そこから連絡が途絶えてしまった」(28歳/電機/秘書・アシスタント職)

どうせダメになってしまうなら……思い切って告白すればよかった! こんな切ないエピソードも多数ありました。これがきっかけで連絡が途絶えてしまったことから、送らなければよかったと後悔する結果になってしまったようです。

6.片思いVS彼女!?

・「好きだよ。と言う内容を彼に送ったら、本命彼女に読まれて、返事がなりすましで返ってきて、それに気づかず返事してしまった」(29歳/その他/その他)

LINEメッセージがきっかけで、女同士の壮絶なバトルを繰り広げた方もいるようです。とはいえ、こんな状況を察知するのは難しいはず。LINEの使い方を気に付ける前に、彼氏の見極めが重要だと言えそうです。

<まとめ>

LINEで恥ずかしいメッセージを送ってしまうと、相手の画面にはずっと表示され続けることになります。こんな恥ずかしいエピソードを回避するためには、衝動的な気持ちになったときほど、冷静に内容を決断するべきなのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月21日~2016年12月22日
調査人数:304人(22~34歳の女性)

※この記事は2017年01月08日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE