お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マジ無理!! 連れて歩くのが恥ずかしい「女子のファッション」6つ

ファナティック

teresa15133206_tp_v

彼とのデートのときは、お気に入りの洋服を着て「かわいいじゃん」と褒められたいですよね。でもそのファッションのチョイスによっては、彼から「連れて歩きたくねぇ!」と思われてしまうかも。どんなファッションにそう思うのか、社会人男性のみなさんに教えてもらいましょう!

露出が多い

・「露出が多い。まわりの人の目が集まってしまうから」(34歳/学校・教育関連/専門職)

・「露出度の高すぎる服は恥ずかしいし他人の視線が気になる」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

胸元がざっくり開いたニットなど、露出が多いファッションは彼に喜ばれるどころか、嫌がられてしまうよう。他人の視線が気になって、デートどころではないのかもしれませんね。

カラフルな服

・「原色系の服を着ていると恥ずかしい」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「カラフルに全体をまとっている姿。タイプではないので無理」(33歳/運輸・倉庫/その他)

ビビッドカラーを取り入れたファッションは、着こなすのが難しいですよね。男性たちからも「恥ずかしい」と不評の声が多数ありました。カラフルな服はデート以外で着たほうがよさそうですね。

黒一色

・「全身黒一色のファッション。妙な違和感があった」(34歳/小売店/事務系専門職)

・「全身が黒いのを見にまとっているファッションです。お葬式みたいでイヤ」(34歳/機械・精密機器/技術職)

では黒一色でまとめたらいいのかと思いきや、それも「お葬式みたいでイヤ」という声が。カラフルすぎても地味すぎてもダメなんて、男性が女性に求めるファッションの基準はとても高いようですね。

スウェット

・「ジャージ。さすがに歩いていて恥ずかしい」(30歳/その他/その他)

・「上下スウェット姿。いくら近場のコンビニでもそれはない」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

ジャージやスウェット姿は、さすがに「連れて歩きたくねぇ!」と思われるのも当然かも。近場のコンビニに行くとしてもせめてジーンズに履き替えるなど、ちょっとした工夫が必要なようです。

フリフリ

・「ド派手でロリロリのフリフリスカート」(38歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「ロリータファッションはやめていただきたい。恥ずかしい」(36歳/学校・教育関連/その他)

ロリータ系のファッションも、男性からは「恥ずかしいからやめてほしい」という声が多く寄せられました。個人の趣味ではありますが、彼の好きなファッションの系統は知っておいたほうがいいかも?

ダメージすぎるジーンズ

・「ローライズのダメージジーンズで下品な女性」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「もうほとんど布地がなくなっているダメージジーンズ」(37歳/情報・IT/技術職)

ダメージジーンズは今や定番アイテムですが、ダメージがひどすぎるものはNGのよう。それがローライズだと、さらに下品に見えてしまうことも。ジーンズを選ぶときは、ダメージの程度にも注意したいですね。

まとめ

露出が多かったりスウェット姿だったりすると、男性としては「連れて歩きたくねぇ!」と思うようです。自分の趣味に合わないものや手抜きすぎるファッションだと、一緒に歩くのが恥ずかしいと感じるのかも。デートのときだけではなく近場のコンビニに行くときも、最低限の身だしなみはととのえておきたいですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月13日~12月20日
調査人数:98人(22歳~39歳の男性)

※この記事は2017年01月06日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE