お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きになっちゃった! 「自分から告白する女子」はわずか〇割!

ファナティック

%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%8b%e3%82%89%e5%91%8a%e7%99%bd%e3%81%99%e3%82%8b%e5%a5%b3%e5%ad%90気になる相手との距離が、徐々に近づいていく瞬間! なんとなくお互いの気持ちが伝わり始めているときは、恋愛の醍醐味と言ってもいい時間ですよね。会うたびに、ドキドキワクワクを募らせていくほうも多いことでしょう。こんな状況の中で迷うのは、「どのタイミングでどちらが告白するの?」という点。女性たちの真意を探るため、こんな質問をぶつけてみました。

Q.好きな人との距離が近づいて、「告白したらOKかも」と思えたら、どうしますか?

「自分から告白する」……28.3%
「相手からの告白を待つ(そう仕向ける)」……71.7%

なんと、確かな手ごたえを感じながらも「相手からの告白を待つ(そう仕向ける)」派の女性たちが多いことがわかりました。それぞれを選ぶ理由も教えていただきましょう。

<「自分から告白する」派の意見>

■恋は自分でつかむもの!

・「受け身の態勢は好きじゃない。自分の気持ちはちゃんと伝えたい」(30歳/運輸・倉庫/その他)
・「自ら行動することで状況が変わると思うから」(31歳/その他/クリエイティブ職)

草食系男性が増えている今、恋の主導権を男性に渡すスタイルはもう古い!? 女性が自分の手で、恋のチャンスをつかみとってもいいのではないでしょうか。現実問題、「自分から伝えないと、いつまでたってもダラダラと……」なんてこともありそうですよね。

■恋はタイミング

・「待ってる時間がもったいないから自分から言う」(33歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「待っていては、進展しない。昔は告白される様に仕向けていたが、今は自分から言ってもいいと思う。待っていて、他の人に取られるなら、自分から告白して結果を知りたい」(33歳/生保・損保/販売職・サービス系)

心の底から思い合っている2人でも、タイミングがずれれば結局成就しない……なんてこともあるのが、恋愛の怖いところです。「今だ!」と思うタイミングを逃さないためには、自分のほうから行動する覚悟も必要なのかもしれません。

募る思い

・「相手からの告白を待ちきれないし自分が言いたくなってしまう」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「相手に告白してもらいたいけど、自分の気持ちが抑えられなくなりそう。伝えたくて仕方なくなりそうだから」(27歳/その他/販売職・サービス系)

爆発するほど大きくなった相手への気持ち。素直に伝えれば、それが「告白」の言葉となるでしょう。素直な一言に、ぐっとくる男性も多いはずです。ロマンティックな恋の始まりになるのでは?

では次に、多数派女性たちの意見もチェックしていきます。

<相手からの告白を待つ(そう仕向ける)」派の意見>

■恥ずかしい!

・「自分からは恥ずかしくて言えない。心の中ではやはりちがうのではと思ってしまうから」(25歳/その他/その他)
・「自分で告白するのは恥ずかしいから」(27歳/医療・福祉/専門職)

たとえ結果がある程度見えていたとしても……告白するには勇気が必要です!「自分から告白するなんて、恥ずかしくて無理!」という女性意見が目立ちました。モジモジしている間に、ほかの人に取られないよう注意してください。

■パワーバランス

・「自分からよりも相手から求められたほうが、より相手から大事にされる気がするから」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)
・「告白もできないような人は嫌だから。その後を考えると待ってるほうがいい。楽」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

お付き合いをする男女の駆け引きは、告白の瞬間から始まっているのかもしれませんね。男性は女性を追いかけたい生き物だとも言われています。どちらが追い、追われる立場なのか。明確にするのが「告白」という儀式なのでしょう。

■ほぼほぼ告白……?

・「相手といい感じになってデートの約束までしたのに何も言ってくれないので、『私たちの関係って?』って聞いたら、ま~って感じで言わなくてもわかるじゃん、みたいな空気を出されたので、『ちゃんと言って!』て相手に告白させた」(32歳/その他/事務系専門職)
・「『の半端な関係は何?』問いただして付き合うほうへ仕向ける」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

本当は告白したいと思っていたけれど……運悪くタイミングを逃してしまった男性もいるかと思います。こんな場合には、女性のほうから「仕向ける」作戦が有効です。とはいえ、ほぼ「告白」と言えそうな、こちらのせりふ。形だけでも相手の口から聞くことで、大きな意味があると言えそうです。

まとめ

恋の始まりを、どちらのほうから切り出すかは、女性にとって重要な問題! 自分からするにしても、相手のほうからしてくれるよう仕向けるにしても、ハッピーな形で2人の時間を過ごせるといいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年5月にWebアンケート。有効回答数159件(22~34歳の働く女性)

※この記事は2017年01月05日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE