お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 デート・カップル

【遠距離恋愛成功のコツ11】彼と復縁したいときは●●なタイミングを狙うと成功率アップ!

ゆうきゆう

遠距離恋愛カップルにありがちな悩みやトラブルを、精神科医のゆうきゆう先生が「男女の心理の違い」から解決してくれる本連載。「こんなときどうすればいい?」という女性の疑問に、遠距離恋愛スタートから結婚というゴールに向けて、ゆうきゆう先生が恋愛のステージに合ったアドバイスをしてくれます!

遠距離恋愛では、さまざまな理由で別れを選択しなければならない場面があります。一度彼と別れてしまったけど「やっぱり彼が忘れられない……彼ともう一度やり直したい!」と思ったときに、女性はどうすればいいのでしょうか? ゆうきゆう先生に聞いてみました。

ill11

■彼と復縁するために、まずは自分の立ち位置を正しく把握する

まずは、別れの原因を冷静に見極めていきましょう。どちらが、どのような理由で別れを切り出したのかを把握しなければ、現時点で彼にとって「あなたがどういう存在なのか」がわかりません。女性から別れを切り出して復縁を考えている場合は、男性が今でも女性を好きでいてくれる可能性は高くなりますが、男性には女性への不信感や傷つけられたという気持ちもあります。逆に、男性から別れを切り出された場合は、別れ方やその前後のやり取りによっては罪悪感を抱いていたり、別れ際にしつこくすがられたことへの悪印象を抱いていることもあるでしょう。

この「自分は彼にとってどのような存在か」という部分は、女性から男性に気軽に連絡が取れる状況にあるのか、どういった連絡の取り方が適切かといったことの判断材料になります。「以前付き合っていたから」こそ自分の立ち位置を見誤ってはいけないのです。彼と付き合っていた頃のような気軽さでメールができる距離に、あなたはいるでしょうか? これを再認識する必要があります。また、男性は女性から言われた言葉を重く受け止める傾向にあるため、過去に彼を責めた経験があるなら「少なくとも3カ月は自分から連絡を取らない」など、彼の気持ちが落ち着くのを待つ必要があります。連絡を取るタイミングは自分の立ち位置によって変わるので、別れの理由を脳内で補完したり都合よく改ざんしない冷静さが必要です。

自分の立ち位置がわかったら、彼の気持ちが落ち着いた頃に改まった言葉遣いでメールしてみましょう。彼から別れを切り出されて比較的早めに受け入れた場合は、「元気ですか?」などの様子見を兼ねて共通の話題を盛り込むといった簡単な内容でいいのですが、別れをなかなか受け入れなかったり、自分から別れを切り出した場合は、「あの時は自分のことばかりでごめんなさい」など謝罪の言葉を告げる方がいいでしょう。誕生日や記念日など、彼を大切に思っていることが伝わる日であれば、「おめでとう」「今日は○○だね、応援してるね!」といったメールもOKですが、別れてから日が浅いうちは控えるか、「どうしてもこれだけは伝えたくて……嫌な思いをさせてしまったらごめんね」など気遣いのひと言を添えるといいでしょう。まずは連絡が取れる距離感に持っていくのが復縁への一歩と言えます。相手の気持ちや自分の立ち位置を無視して復縁したいとゴリ押しをすると、ストーカーっぽくなってしまいますので絶対しないようにしましょう。

■復縁するときは、2人の問題点をしっかり解決する

復縁をするときには、なるべく別れた理由を解消できるようにすることが大切です。遠距離が原因ならどちらかが引っ越す計画を立てたり、嫉妬深さや過干渉が原因なら相手にあまり干渉しないようにするなど、改善していく必要があります。「復縁さえできれば何とかなる」といった甘い認識は捨てましょう。復縁を考え始めた時、男性は「一度失敗していることにチャレンジする」ことへの抵抗が少なからずあります。これは男性の気持ちが真剣であればあるほど、再度失敗に終わった時に受けるショックが計り知れないからです。さらに言うなら、復縁してから男性が「何も変わっていない」と感じた場合、再度別れを決断するスピードはかなり早まる傾向にありますので、男性が女性に不満を感じて別れたケースでは、特に「問題が解決されていない」「やっぱり何も変わっていない」といった判断を下されないように気を付けましょう。

なお、彼の浮気が原因で別れ、その性格が改善されていない場合などは、復縁しても再度別れてしまう可能性が高くなります。別れと復縁を繰り返してゴールインするカップルも存在しますが、いつまでも同じ問題を抱えている場合は「お互いに許容できないポイントが常に存在し続けている」ということ。どんなに好きでも、「これだけは無理」という部分が当てはまってしまうと、やがてうまくいかなくなります。恋愛感情があるうちは相手に甘い採点をしがちですし、復縁を求めているときは「このくらい我慢できる」と勢いに任せて受け入れようとしてしまいます。人は失ったものを取り戻そうとするとき、失ったショックからその価値を過大評価していることが多いからです。復縁を望むこと自体は決して悪いことではありませんが、復縁する前に一度冷静になって、二人の問題点や性格、価値観、生活スタイルなどを見つめて、しっかり将来について考える必要があるでしょう。

■復縁の鍵を握る3つのポイントをチェック!

復縁できるかどうかは、①別れた理由、②別れる前の相手の印象、③現時点の生活への満足度などが大きく関わっています。①別れた理由は、別れのきっかけがお互いの気持ちの変化ではなく環境的な問題であった場合、「これさえなければ別れることはなかった」という選べなかった未来への期待があるため、きっかけとなった問題を解消することで復縁できることがあります。②別れる前の相手の印象というのは、お付き合いをしているときの印象が良ければ「いい思い出」として彼の中で大切な記憶になっているため、彼がこちらに向けていた好意を思い出しやすく、再度付き合うことに大きな抵抗が無くなるためです。そして遠距離のまま復縁するパターンで一番重要となるのが、③現時点の生活への満足度です。周囲に好ましいと思う異性がいたり、今の恋人や自分の置かれている環境に満足している場合は、過去の恋愛に思いをはせることがほとんどないからです。しかし、周囲と親しい人間関係が築けずに仕事や生活への不満がある場合、過去に癒された存在や自分を好きでいてくれた相手を美化して、心のよりどころにすることが少なくありません。

つらい時、自分を好きだと言ってくれる人や支えてくれようとする人がいると、安心したり頼りたくなってしまうもの。そんな存在として思い出すのが「過去の恋人の中でも印象がいい相手」や「自分を好きなまま別れた相手」なのです。もちろん女性が現在も魅力的である必要はありますが、別れたことを後悔したり、過去をなつかしんだりするタイミングがあると復縁しやすくなります。そのようなチャンスを掴めるかどうかで結果はかなり違ってくるように感じます。

<今回のまとめ>

・彼と復縁する前に、彼から見た自分の立ち位置を把握する
・2人が別れた理由を理解し、改善する
・復縁後に男性が「やっぱり何も変わってない」と感じると、再び別れを決める可能性が高い
・復縁できるかどうかは、①別れた理由、②別れる前の相手への印象、③現時点での生活の満足度がポイント
・男性が過去をなつかしく思うタイミングがあると復縁しやすい

(文/ゆうきゆう イラスト/寺崎愛)

※次回は1月5日(木)17時更新です!

バックナンバーはこちら!

お役立ち情報[PR]