お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 節約・貯金

知らなきゃヤバい! 年末年始の金欠を防ぐコツ・6選

ファナティック

懐かしい友人に会ったり、家族とゆっくり過ごしたりする年末年始は、心がウキウキする季節ですが、お財布的には厳しい時期でもあります。思うがままにお財布を開いていると、年始を過ぎたころに「あ、金欠で苦しい……!」なんてことも。そこで、年末年始の金欠を防ぐコツについて、女性たちに聞いてみました。

電卓を持つ女性

■予算を立てておく

・「あらかじめ年末年始用にお金を取っておくこと。しっかり使うために貯めておくと金欠になることはないから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「家計簿をきちんとつけて、予算を立てておくこと」(30歳/学校・教育関連/専門職)

金欠を防ぐためには、あらかじめ「使えるお金」を決めておくのが得策です。年末年始に使うお金を事前に計算し、小分けして用意しておきましょう。コツは、ほんの少し余裕を持たせること。結果的に無駄遣い防止につながるはずです。

■家で過ごす日を決める

・「出かけない。出かけなかったら、そこまでお金は使わないから」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「家で鍋をするようにする。外ご飯よりリーズナブルだから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

華やかな時期ですから、つい外出したくなる気持ちもわかります! しかし外出すると、アレコレとお金も使ってしまうもの。生活にメリハリをつけて、「今日は家で過ごす」という日を決めることで、お財布にやさしくなれそうですよ。

■参加する飲み会を厳選

・「参加する飲み会を選ぶこと。どの会にも参加しているとお金が飛んでいくので、自分の会いたい人がいる飲み会にだけ、参加する」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「忘年会を1つ欠席する。それだけで5,000円は浮くから」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

予算取りや家パーティなど……さまざまな工夫をしたところで、参加する会が多ければ「焼け石に水」になってしまうことも。本当に自分が参加したい会は何なのか。厳しい目線で見極める必要もあります。

■クレジットカードは封印!

・「使うお金だけ引き出しておいてカードは使わない。カードを使うと使いすぎるから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「クレジットカードは使わないようにする」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

女性たちのショッピングライフの強い味方と言えば、そうクレジットカードです! 便利に買い物できて、しかもポイントも貯まりますから、お得度も満点。しかしその一方で、「よく考えないまま購入してしまう」というリスクもあります。誘惑が多い時期だからこそ、一時封印するのもオススメですよ。

■大掃除をして無駄な買い物を防ぐ

・「大掃除をしたうえで無駄な物は買わない。大掃除を先に済ませれば、本当に必要なものにしか手を出さなくなると思う。また、捨てるのが大変だから」(24歳/通信/営業職)

忙しいから……と、つい大掃除をおろそかにする方はいませんか? しかし大掃除とは、自分にとって必要な物、不必要な物を見分ける絶好のチャンスでもあります。ぜひ無駄にしないでくださいね。

■帰省作戦

・「実家に帰省して入り浸る。実家に帰れば親がお金を出してくれるので、自分でお金を出す必要がなくなるから」(30歳/機械・精密機器/営業職)

ちょっとズルいような気もしますが、これも立派な作戦のひとつ。普段はできない親孝行の機会にもなるはず。親としては、娘が帰省してくれるだけでうれしいものです。

■まとめ

年末年始の厳しいお財布事情を回避するためには、綿密な作戦を立てる必要があると言えそうです。自分の性格に合ったプランを選択することで、成功率は大幅アップ! みんなの意見も、ぜひ参考にしてみてください。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月2日~12月11日
調査人数:104人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]