お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

人妻が来るなよ!! 男性が最悪だった「合コン」・6選

ファナティック

男女の気軽な出会いの場である合コンは、お目当ての異性がいなくてもその場が楽しければ盛り上がりますよね。でも中には「最悪な合コン」もあるようで……。今回は「自分史上、最悪な合コン」のエピソードについて、男性のみなさんに話を聞いてみました。

lig_shinsangirigira_tp_v

■話が盛り上がらなかった

・「話が盛り上がらない。常に興味のなさそうな対応」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「写真と実際がだいぶちがっただけならまだしも、あまり、話が盛り上がらなかったとき」(33歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

合コンが楽しいかどうかは、その場の雰囲気が盛り上がるかどうかによって決まりますよね。相手がつまらなさそうな態度をとるなど、話が盛り上がらない合コンは「早く帰りたい」と思ってしまいそうです。

■ギャルだった

・「ギャルすぎる女で、話を聞かず食べるだけ」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「最悪な合コン相手はギャルで、日本語?っていうぐらい何を話しているかわからない相手」(31歳/学校・教育関連/専門職)

合コンの相手がギャルで、会話が成立しなかったというエピソードもありました。会話をしないで食べることに専念されたら、男性としてはつまらないですよね。ギャル語を理解するのも大変そうです。

■1人でしゃべりすぎ

・「男が1人で仕事の自慢話を延々としていた」(32歳/金属・鉄鋼・化学/専門職)

・「1人の男がすごい目立ちたがり屋で、喋りすぎで集中できなかったこと」(33歳/医療・福祉/その他)

1人だけ自慢話を延々とするような目立つ男性は、同じメンバーとは言え不快な気持ちになることもあるようです。お目当ての女性がいた場合、その男性のおしゃべりが多すぎると仲よくなるのも難しそうですね。

■相手がかわいすぎた

・「かわいすぎる女の子ばっかりだったこと。居心地が悪く途中で帰った」(34歳/学校・教育関連/その他)

・「相手がブサイクだったのはよくある話ですが、こっちのメンツが悪くて全く相手にされずに終わった」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

合コン相手がかわいすぎたり、自分たちが釣り合わなくて相手にされなかった、というエピソードも。逆のパターンはよく聞きますが、相手の外見レベルが高すぎると、男性は引け目を感じてしまうのかもしれませんね。

■気になった人にパートナーがいた

・「好意を持った人が人妻だと後から聞かされた」(29歳/自動車関連/技術職)

・「気になった人に相手がいた。仕方なく飲んでたらつぶれた」(32歳/警備・メンテナンス/技術職)

気になった女性にパートナーがいた場合、その合コンは最悪なものになりそうです。それも人妻となると、独身男性としてはテンションが下がりますよね。でも飲みすぎてつぶれてしまうのは、まわりにとっても最悪な合コンかも?

■来てほしくない人たち

・「相手が生保レディで、完全に営業に来てた」(28歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「自分の元カノが来ていたこと。周りは知らない」(31歳/医療・福祉/専門職)

ほかには生保レディが営業に来ていたり、まさかの元カノが来ていたり、というエピソードも! 生保レディの営業トークもすごそうですが、合コンで元カノと再会するなんて衝撃的ですよね。それがきっかけでよりを戻す、ということはあるのでしょうか……。

■まとめ

「自分史上、最悪な合コン」について、男性のみなさんからさまざまなエピソードが寄せられました。どれも「楽しい時間」というよりは「苦痛な時間」だったようです。中でも「元カノと再会」は、いろいろな意味ですごいですよね。あなたが思う「自分史上、最悪な合コン」は、どんなものですか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数206件(25歳~35歳の男性)

お役立ち情報[PR]