お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

もうすぐ冬休みっ! 今年の大みそかの過ごし方・6つ

ファナティック

仕事も休みになってお正月の準備も整うであろう大みそか。今年はどんな風に過ごすか、もう予定を決めましたか? 日ごろの疲れを癒やすためにのんびりするもよし、友だちとにぎやかに過ごすもよし。そこで今回は、大みそかの過ごし方について社会人女性たちに聞いてみましょう。

i16cimgpsh_orig

■家でダラダラ

・「特に予定はなく、家でテレビを見る」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「家でだらだらすると思います」(24歳/小売店/事務系専門職)

今のところ何の予定も入っていないので家でダラダラ過ごす大みそかになりそう。いつもは、予定に追われ、仕事のことを考えと忙しくしている人なら、たまにはまったくノープランで過ごす日があってもいいですよね。

■家族と過ごす

・「家族でゆっくり家で年越しそばを食べようと予定している」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「家族で過ごす。家族で過ごせる大みそかも、この先多くはないと思うから、大切にしたい」(27歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

実家の家族と過ごせるのもこの先、そう多くはない。結婚前の今の時期だからこそ家族と過ごす大みそかを大事にしたいという女性もいるようです。確かに、結婚後は実家で大みそかを迎えることもなくなりそうですよね。

■彼氏の家でのんびり

・「多分彼氏の家で、一緒に鍋でもつつきながら過ごすと思う」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「家で彼氏とまったりと過ごしたいです」(23歳/その他/その他)

彼氏とまったりとした大みそかを過ごす予定といううらやましい女性もいるようです。翌日も仕事が休みということで、普段のデートよりものんびりできるし、新年を迎えるタイミングで彼と一緒にいられるのもうれしいですよね。

■帰省

・「実家に帰る。新幹線代高いけど、顔を見せないといけないので」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「大みそかは誕生日なので、帰省して親戚みんなが祝ってくれます」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

地元から離れて暮らしている人は、帰省する人も多い大みそか。チケットは高いし、人混みで疲れてしまうことはわかっているけれど、地元で待ってくれている人がいると思えばそれも我慢できそうです。

■初詣

・「家でのんびりと紅白歌合戦を見て、0時に近所の神社に向かう」(233歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「浅草で飲む! その足で初詣に行く」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

大みそかから飲み続けてそのまま初詣へという人も。深夜といえども初詣のために出掛けている人も多く1年の最初から何となくテンションが上がりますよね。でも、くれぐれも飲み過ぎには注意してくださいね。

■旅行

・「彼氏と旅行に行ってゆっくり過ごす予定」(25歳/建設・土木/販売職・サービス系)

・「家族で海外旅行! 今年はヨーロッパに行きます。楽しみ!」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

大みそかは旅行先でリフレッシュ。年末年始を含む旅行は料金も高く、予約も取りにくいですが家族や彼氏と休みを合わせようと思うとあまり選択肢もなさそう。でも、新年を迎える前の気分転換にも旅行はピッタリですよね。

■まとめ

1年の締めくくりでもある大みそかは、家族や彼氏とのんびり過ごす予定の人が多いようですね。ほかにも「友人で集まってパーティーする」(26歳/その他/その他)、「友だちの家で騒ぐ」(25歳/電機/秘書・アシスタント職)と仕事が休みという人も多い日だけに友だち同士で集まった楽しく過ごそうと計画している人も。1年の疲れを癒やしてすっきりした気持ちで新年を迎えるために、自分の一番大切な人と過ごしたいという点ではみなさん共通しているようですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月2日~12月8日
調査人数:112人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]