お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

もう限界っ!! 妻が「夫に我慢していること」6つ

ファナティック

一緒に暮らしているうちに見えてくる夫のイヤな部分。でも、それを理解しようとすることも結婚生活には必要ですよね。ただ、何事にも我慢の限界があるのは仕方のないことかも。今回は、もうそろそろ限界を迎えそうな「夫に我慢していること」について女性たちに聞いてみました。

ケンカする夫婦

■乱暴な振る舞い

・「怒るとものに当たるところがイヤで、限界を感じています。当たるだけで済むならまだいいのですが、それによって傷がついたり壊れたりするので、本当にイヤな気持ちになります」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「逆ギレばかりする。頭が悪い。きつい言い方」(30歳/その他/その他)

すぐにイライラしてものに当たったり、暴言を吐いたり。壊れたものだけでなく、夫の言葉で傷ついた気持ちは元通りにはならないもの。積み重なっていくといつか爆発してしまいそうですね。

■無駄に高いプライド

・「とにかく愚痴が多い。やたらと自己評価が高い。自慢が多い。『今の会社は俺にとっては踏み台だ』とか『いまいちなんだよなぁ、転職しようかな』などとすぐに言います」(27歳/建設・土木/技術職)

・「自分中心で、プライドが高いくせに内容が伴っていないところ」(33歳/その他/その他)

プライドを持つのはいいことだとしても、それに自分自身の中身が伴っていない夫を見ていると、情けない気持ちにもなりそう。大きなことを言う前に、まず結果を出せるだけの努力をしてほしいですよね。

■ケータイやゲームばかり

・「ゲームばかりしていて会話ができないこと」(31歳/その他/その他)

・「いつもケータイばかりいじってる。子どもの面倒を見ていてこっちが忙しいときにケータイばかりいじられると、無理って思うときがある」(27歳/人材派遣・人材紹介/その他)

一緒にいるのにケータイやゲームばかりで、自分への興味を示してくれない夫。何のために結婚したのかと思ってしまいそうですよね。そんな暇があるなら家事や育児の手伝いをしてほしいというのが、女性たちのホンネのようです。

■片づけない

・「片づけてもすぐに部屋を散らかし、ゴミをちゃんと捨てなかったり、パジャマを言うまで洗わないところ」(27歳/その他/その他)

・「何でもやりっぱなしにすること。何度か言ったがなおらない。片づけるのはいつも私」(34歳/その他/その他)

夫が散らかしたものを妻が片づける。夫からすると当然のように思っていそうですが、家政婦扱いされているような気分になる人もいそう。いくら片づけてもすぐに散らかす夫にはうんざりしてしまいそうですね。

■節約しない

・「給料が少なすぎて生活が厳しいのに節約してくれない。身の丈に合った生活をしてくれないこと」(33歳/その他/その他)

・「何度言っても電気を消す、節水など当たり前のことをしない」(23歳/その他/販売職・サービス系)

家計を上手にやりくりして、少しでも生活をラクにしようと努力しているのに夫にはそれが伝わない。節約生活をするためには、何よりも家族の協力が必要だということをわかってもらいたいですよね。

■相手の実家との問題

・「相手の両親問題。相手の両親のごたごたが、なぜか自分たちに被害がくるため」(27歳/その他/その他)

・「夫というより、義理両親と義姉。まわりの人間が混ぜかえし、夫も味方になってくれないこと」(29歳/その他/その他)

夫に対する不満はないけれど、義理の両親との付き合い方に問題を抱えている人も多そう。自分の実家と同じようにはいかないし、他人でもないしという微妙な関係だけに付き合い方が難しいですよね。

■まとめ

自分とはちがう部分を認めて、理解し合いながら2人で家庭を築いていく結婚。でも、あまりにもちがいが大きすぎると理解しきれないことも少なくありませんよね。それぞれの個性で許せることなら笑って見過ごすこともできそうですが、そうでない場合は結婚生活自体にも支障がありそう。我慢しすぎるとそれが原因でケンカにもなりそうなので、きちんと2人で話し合う機会を設けたほうがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月8日〜12月12日
調査人数:100人(23歳〜34歳の既婚女性)

お役立ち情報[PR]