お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

大切にしなきゃ! 「彼女のさりげない言動」に愛を感じた瞬間・6つ

ファナティック

恋人同士であれば、お互いに愛情を持っているのは当然。でも、それが相手に伝わるように表現できているかというと、そうでない場合も多いですよね。だからこそ、相手からの愛情を感じられると余計にうれしいのかも。今回は、さり気ない言動に彼女の愛を感じた瞬間について、男性たちに聞いてみましょう。
ar0010009511m

■言葉にしなくてもわかってくれる

・「自然に何かやってくれてるとき」(34歳/その他/専門職)

・「何にも言わなくても気づいてくれる点」(36歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

自分がお願いしたわけではないのに、してほしいと思っていたことを彼女がしてくれる。長く一緒にいると自然に相手の考えていることがわかるようになりますが、そういうときに幸せを感じる男性も多いようですね。

■体調を気遣ってくれる

・「健康を気遣う言葉をかけてくれるとき。会えない日が続いたり、忙しい日が続くと、必ずそういう言葉をかけてくれます」(39歳/機械・精密機器/技術職)

・「そっとさりげなくマッサージしてくれたりする女性」(36歳/自動車関連/販売職・サービス系)

仕事で疲れている男性の体調を気遣う。その気持ちに愛情を感じる男性も少なくなさそう。彼にはいつも元気でいてほしい、無視しすぎないでほしい。そのやさしさには、愛情がたっぷり詰まっていそうですね。

■男性を立ててくれる

・「さりげなく男性を立ててくれること」(38歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「普段は言うことでも人前なのでその場は引いてくれたとき」(36歳/その他/その他)

二人きりのときは言いたい放題な彼女でも、ほかの人がいるときには彼を男性として立てることができる。状況に応じていい意味で態度を変えることができる彼女を見ていると、自分を大事にしてくれていると思えるのでしょうね。

■何気ないひと言を覚えていてくれる

・「誕生日プレゼントに欲しいものをくれた。テレビを見ていて、これ欲しいと軽く言ったものを覚えていてもらったときはうれしかった」(24歳/その他/営業職)

・「さらっと口にした好きなものを覚えていてくれる」(32歳/その他/その他)

自分が言ったことを覚えていて、それをプレゼントしてくれる。きちんと話を聞いている、自分に興味を持ってくれているということがわかったときに、彼女からの愛情を感じる男性も多いようですね。

■ねぎらいの言葉を掛けてくれる

・「『今日もがんばってね』とねぎらいがある」(39歳/その他/その他)

・「『お疲れ様』とやさしめに言われる」(31歳/その他/営業職)

疲れているときに彼女から「お疲れ様」と言われるだけで元気になれる。仕事でクタクタになったときの彼女からのねぎらいの言葉が何よりもうれしいという男性も多そう。仕事に対するモチベーションも上がるのでしょうね。

■疲れているときにやさしくしてくれる

・「疲れていたり落ち込んでいたりするときに、温かく接してくれる」(35歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「疲れてるときはそっとしておくから遠慮なく言ってね的なこと」(37歳/その他/その他)

彼が落ち込んでいそうなときには、無理に理由を聞き出したりせずそっとそばに寄り添ってくれる。気持ちも体も疲れ切った彼にとっては、やさしく接してくれる彼女の存在が何よりの癒しになるのかもしれませんね。

■まとめ

「好き」や「愛してる」などの直接的な言葉だけでなく、彼女の愛情をしっかりと感じられる言動の数々。こう言う風に接すれば彼が愛情を感じてくれるという参考にもなりますよね。付き合いが長くなるとどうしても遠慮がなくなったり、「してもらって当たり前」という態度を取りがちですが、それでは愛情があっても伝わらなさそう。彼がしてほしいことは何なのかを考えて行動することが大事なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月7日~2016年12月12日
調査人数:401人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]