お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

ゆるしてっ! 男性が「女性をつい目で追ってしまう」瞬間・6選

ファナティック

あまり意識していないときに限って、男性と目線が合うこともありますよね。そんなときは、もしかして男性から見られていることも考えられるもの。女性は気づいてないけど、実は女性を目で追ってしまう瞬間を、社会人男性に聞いてみました。

af9920062475m

■胸元が強調されているとき

・「ニットの服でいつもより胸が大きく強調してるとき」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「胸元が開いている服を見るとついついそこに目がいく」(38歳/その他/その他)

胸元が強調されている洋服を着ていると、つい目線が追ってしまうこともあるようです。胸のラインがハッキリ出ていると、どうしても気になってしまうのでしょうね。

■下着が見えたとき

・「下着が透けて見えたときは想像してしまう」(31歳/不動産/事務系専門職)

・「パンツスーツから浮き出る下着のライン」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

女性の下着が透けていたりすると、つい見てしまう男性もいるのでは。あまり洋服に響かない下着を選んだほうが、男性から見られることもなさそうですね。

■脚を……

・「秋になって、ブーツとパンツの間から見える脚。靴を見ているふりをして肌を見ています」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「黒タイツを履いている女性の脚を、じっと見つめてしまうとき。細く美しく見えて思わず触りたくなってしまうので」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

女性の脚が気になって、つい見てしまう男性もいるようです。スカートから伸びたキレイな脚を見ると、目が離せなくなってしまうのでしょうね。

■胸チラしたとき

・「前かがみになって、胸元が見えそうなとき」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「かがんで落とし物を拾うときに胸元を見てしまいます。食事をしているときに口元を見てしまいます」(29歳/情報・IT/技術職)

女性の胸が見えそうなとき、チラ見してしまう男性も多いもの。見えそうで見えない際どさがうれしいのでしょうね。

■お尻を……

・「階段やエスカレーターで顔の前に女性のお尻が来たとき」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「椅子に座るときのお尻のラインをよく見てしまいます」(28歳/商社・卸/営業職)

女性のお尻が気になって、目線が追ってしまうこともあるようです。近くにお尻があると、どうしても見てしまうのかもしれませんね。

■髪をかきあげているとき

・「髪をかきあげるしぐさをしたとき。妙に色っぽく感じるから」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

・「髪をかきあげているときなどの色っぽいシーン」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

女性の髪をかきあげている姿に、グッとくる男性も多いもの。普段はあまり見ることができないうなじが見えると、つい見てしまうのでしょうね。

■まとめ

女性の体のラインが強調されたり、見えそうなときに、ついチラ見してしまう男性は多いようです。女性の色気を感じると、どうしても目が追ってしまうのかもしれませんね。とはいえ、あまりジロジロ見られると、あまりいい気はしないので、バレないようにチラ見程度にしておいてほしいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数103件(22歳~40歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]