お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男子が「張り切りすぎじゃね?」と思った女子の冬のデート服・6選

ファナティック

%e3%83%8f%e3%83%83%e3%83%88

もうすぐクリスマス! とびきりオシャレしてデートに臨みたいというのが女心ですが、あまり張り切りすぎると、ファッションをこじらせてしまう危険があります。今回は男性のみなさんが「ちょっと張り切りすぎだよ」と思った女性の冬のデート服についてご紹介します。

■背伸びしすぎじゃない?

・「その人の特徴に合わず、頑張っていると感じてしまうもの」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「背伸びした感じの格好。似合っていない」(35歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

洋服自体はオシャレかもしれないけれど、その女性の雰囲気に合わなくて服に着られている。背伸びしすぎたと感じさせるような似合わない洋服は、その女性の持っている魅力を半減させることもありそうですね。

■そんなに露出しなくても……

・「冬でも胸元がザックリ開いた服。他人なら気にしませんが、彼女だったりしたら、それとなく今後はそういう格好はやめさせます。季節感、他人の目を考えてほしいです」(39歳/機械・精密機器/技術職)

・「寒そうなぐらい露出度が高い服装は引くかな」(39歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

肌を露出した女性がいると自然に目で追ってしまうのは男性ならよくあること。でも、それが自分の彼女だとしたら、あまりいい気はしないようです。寒そうに見えるだけでなく、他の男性の目にさらされることがイヤなのでしょうね。

■いま、冬だよ!?

・「寒いから生足はやめてくれ」(38歳/電機/営業職)

・「寒いのに足を丸出しにしていたり、どうせ後から寒いって言うんだから、そこを張り切らずに、自分の気持ちをコントロールできる服装にしてほしい」(39歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

冬の生脚はかなり寒々しく見えるようで、やめてほしいという男性も。足元を冷やすことは女性の体にとってもあまりいいことはないですしね。ミニスカートを履きたい場合は、せめてタイツやストッキングくらいは履いた方が良さそうです。

■TPOを考えて

・「ファーとか毛皮着てきたとき。自分の普段着がかなりラフなので、ギャップがありすぎ」(36歳/その他/専門職)

・「高価そうな毛皮のコート」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

高級レストランでディナーの約束でもあるなら、ぴったりかもしれませんが、カジュアルなデートでは男性をドン引きさせそうな毛皮のコート。ゴージャス過ぎる彼女の隣にカジュアルな彼というのはチグハグなカップルになってしまいますよね。

■「オシャレは我慢」精神

・「寒いのに、見た目重視で薄着で来る子」(36歳/その他/その他)

・「無理して薄着をしている女性」(39歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

オシャレは我慢とも言われますが、オシャレを重視するあまり、明らかに薄着な女性も張り切りすぎていると思われるようです。オシャレにとって大事なポイントでもある、季節感を忘れないようにしたいですね。

■色使いが派手

・「色が鮮やかすぎるコートはなんかイヤ」(30歳/自動車関連/技術職)

・「目立つ色のワンピース」(28歳/建設・土木/営業職)

暗い色の洋服が増える冬は明るい色使いの洋服を選びたくなりますが、派手過ぎると男性からは不評のようです。目が痛くなるほど鮮やかな色よりも冬にはほんわかした暖色系の優しい色の方が似合いますよね。

■まとめ

デートで張り切っているのはわかるけれど、やり過ぎは男性からも不評を買う原因に。洋服を選ぶときには、彼の普段の服装と合うかどうか、季節感のオシャレができているかどうかを考えることも大事ですよね。その上で、彼のために特別なオシャレをしてきたと感じさせることができれば、彼にも喜んでもらえそう。冬のデートには、冬にしか楽しめないオシャレが一番ですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数395件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]