お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

もちろん嘘です! 脈ナシ男子の誘いをふわーっと交わす断り方・6つ

ファナティック

スマホたとえば、職場の先輩や合コンで知り合った男性。もう会いたくないのに、後日、相手は何かと遊びに誘ってくる……というとき、断り方が難しいですよね。そんなとき、女性のみなさんはどんな理由をつけて断っているのか、その方法について聞いてみました!

■先約があるからゴメン!

・「その日は先約があるからゴメン! また違う日程で誘ってくださいと断る」(33歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「『その日は友だちと出かける予定なので』などと、既に予定が入っていて取り消せないことを説明する、もちろん嘘」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

とても多かったのが、「先約があるから」という理由でした。「高校時代の友だちと久しぶりに会う予定があって……」など、簡単に取り消せないような理由にするとより効果がありそうですね。

■仕事が忙しくて……

・「今は仕事が忙しい時期だから。と言って断る」(25歳/その他/事務系専門職)

・「しばらく仕事が忙しい、とよくある理由で断る」(35歳/学校・教育関連/事務系専門職)

次に多かったのが「仕事が忙しい」という理由です。職場の先輩だと難しいかもしれませんが、自分の仕事のことを知らない相手だったら、1番角が立たずに断れる方法かもしれませんね。

■体調が悪いんだよね……

・「体調悪いアピールをする」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「歯が痛いので、これから歯医者に行くって断る」(33歳/その他/事務系専門職)

「体調が悪い」という理由を使っている人も多いよう。「ちょっと風邪気味で……」などは万能フレーズですよね。「歯が痛い」など、ピンポイントで伝えると真実味が増すのでよさそうです。

■落ち着いたら連絡するね(嘘)

・「最近忙しくて空いている日がないと嘘つく」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「ちょっと今の時期忙しいから、落ち着いたら連絡するねと言って連絡しない」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

忙しいことを理由に断る人は多いようですが、「落ち着いたら連絡するね」のひと言があると、しばらくお誘いが来ないので精神的には楽ですよね。会いたくない人からの誘いを断るためには、時には嘘も必要です。

■親が来ててさ~

・「親が来ている」(35歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「実家に帰る予定だから、と断る」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「親が来ている」や「実家に帰る」など、家族を理由にするという人も。これなら相手もしつこく誘ってこないですよね。他の理由と比べて、何度使っても怪しまれないところが便利そうです。

■返事しない!

・「イエスともノーとも言わずに、そうですねーとしか返事しない」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

「そうですねー」と言って軽く流す、という方法もあるようです。ある意味「既読スルー」のようなものですが、ノーと言うためにアレコレ理由を考えるよりも、こちらのほうが楽かもしれませんね。

■まとめ

会いたくない異性に誘われたとき、先約があることや仕事が忙しいことを理由にして断る、という女性は多いようですね。実際は忙しくなくても、好きでもない異性と苦痛の時間を過ごすくらいなら、相手を傷つけない程度の嘘も必要です。会いたくない異性に誘われたとき、ぜひこれらの理由を使ってみてくださいね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数104件(22歳~36歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]