お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

「年収」VS「容姿」女子が妥協できる結婚の条件は?

ファナティック

af9920079298w

結婚には妥協も必要ですよね。とはいえ、結婚相手にはどうしても譲れないポイントもあるはず。たとえば「年収」と「外見」のどちらかが希望に合わなかった場合、どちらを捨てられそうですか? 女性に聞いてみました。

Q.結婚相手の条件として「年収」と「外見」妥協できるのはどっちですか?

年収……31.45%
外見……68.55%

約7割の女性が男性の「外見」を妥協すると回答しました。それぞれを妥協できる理由を見ていきましょう。

■年収なら妥協できる

●生活できればOK

・「生活できるレベルにあれば、低くても仕方ない」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「生理的に我慢できない容姿というのはあるが、年収は多少低くてもいいから」(24歳/小売店/事務系専門職)

もし外見が好みの男性が自分と結婚して側にいてくれるのなら、それだけで不足分の年収分の価値はあるかもしれません。一見損なようですが、平凡な外見で年収の低い人のほうが多そうですよね。

●共働きで解決

・「お金の面は自分が働けば何とかなる話だから。外見は友人からの目などが気になるから妥協できない」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「2人で働けば絶対にやっていけるから」(34歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

昔とちがって、今は共働きが基本のようになっています。男性の年収が低めでも、2人で稼げば日々の生活は成り立つでしょう。結婚すればお互いの両親、または国や自治体からの補助も期待できます。

●好きな外見がいい

・「外見は生活していく上で妥協できないと思う。好きな顔じゃないと一緒にいたいとも思わないから」(27歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「外見を好きになれないと無理だから」(32歳/商社・卸/その他)

人並み以上の年収がある男性がいたとしても、外見が好みでなければ結婚相手にはならないという人も。何を人生の主軸とするかは人それぞれですから、ほかの人はいいという条件でも惹かれないことがあるのですね。

■外見なら妥協できる

●容色は衰える

・「年取ったらみんなおじさんだから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「10年、20年たったら見た目なんてどうでもよくなるから」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

若いころはかっこよかった同級生と再会し、変貌ぶりに驚いた人もいるのでは? 外見は加齢とともに変化します。その点年収はだんだん上がるのが普通ですから、男性を長期的に見ると……?

●完璧な人はいない

・「外見がパーフェクトな人はいないし、多少ブサイクでも私を大切にしてくれる人ならいい。外見は工夫でカバーできるかもしれないけど、収入はどうすることもできないから」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「イケメンもそのうち飽きてしまうので」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

好みの外見の人が現れたと思えば、もっとステキな見た目の男性が登場。目はこの人、身長はこの人が好ましいなどと比較しても、なかなか完璧な人はいませんよね。こだわるときりがなさそうです。

●生活をしたい

・「お金がないと生活できないから」(23歳/建設・土木/技術職)

・「お金がないとある程度の幸せは保証されない」(33歳/不動産/事務系専門職)

外見がよくても生活ができるわけではありません。そう考えると、経済力を選ぶ女性がいるのもうなずけますね。

■まとめ

今回のアンケートでは、「外見」を妥協できる人が多数派でした。現在、あれもこれもと理想が高くなっている人は、上記のように究極の2拓で希望を取捨選択すれば、自分が本当にのぞむ条件が見えてくるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月28日~12月5日
調査人数:98人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]