お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 芸能

「石原さとみ」が3位! 今年活躍した芸能人ランキング

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-sep_327215200714

スパークス・アセット・マネジメントは、投資家の今年1年の状況と、来年以降の見通しについて探るため、2016年11月9日~11月13日の5日間、全国の20~79歳の投資経験者を対象に、「日本株式市場の振り返りと展望に関する意識調査2016」をインターネットリサーチにより実施し、1,000名の有効サンプルを集計した。

■今年大化けした「成長株」芸能人部門

01

全回答者(1,000名)に、2016年を振り返って、最も大化けした“成長株”は誰か聞いたところ、「女性芸能人」部門の1位は朝ドラのヒロインを努めた「高畑充希さん」(73名)、2位は「波瑠さん」(42名)、3位は「石原さとみさん」(40名)と、今年、女優業で活躍した3名がトップ3にランクインした。そのほか、女性お笑い芸人の「渡辺直美さん」(8位、18名)、「平野ノラさん」(9位、16名)なども上位にランクインしている。
一方、「男性芸能人」部門の1位は“PPAP”で一躍時の人となった「古坂大魔王(ピコ太郎)さん」(115名)、2位は「りゅうちぇるさん」(69名)、3位は「ディーン・フジオカさん」(65名)となった。そのほか、今年、俳優業で活躍した「菅田将暉さん」(4位、48名)や「星野源さん」(5位、26名)も上位にランクインした。男女総合の「芸能人」部門では、1位「古坂大魔王さん」、2位「高畑充希さん」、3位「りゅうちぇるさん」となっている。

■今年大化けした「成長株」スポーツ部門

02

また、「女性スポーツ選手」部門の1位は、今年は入籍をしたことでも話題となった「福原愛選手」(155名)、2位は「伊調馨選手」(89名)、3位は「吉田沙保里選手」(63名)となった。そのほか、ペアの名称での回答が多く寄せられた、バドミントンの「タカマツペア(高橋礼華選手、松友美佐紀選手)」(6位、31件)が上位にランクインしている。
一方、「男性スポーツ選手」部門の1位は、日本最速のストレートを記録し、日本シリーズを制した“二刀流”の「大谷翔平選手」(151名)、2位は「錦織圭選手」(100名)、3位は「水谷隼選手」(54名)となった。男女総合の「スポーツ選手」部門では、1位「福原愛選手」、2位「大谷翔平選手」、3位「錦織圭選手」となっている。

【調査概要】

◆調査タイトル:日本株式市場の振り返りと展望に関する意識調査2016
◆調査対象:ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする、全国の20歳~79歳の投資経験者
(日本株式、外国株式、公社債、投資信託、REIT、金・プラチナなどの金融資産への投資経験がある人)
◆調査期間:2016年11月9日~11月13日
◆調査方法:インターネット調査
◆調査地域:全国
◆有効回答数:1,000サンプル
(有効回答から男女×20代・30代・40代・50代・60~70代が均等になるように抽出)
◆実施機関:ネットエイジア株式会社

(マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]