お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

お前かわいすぎっ……! 彼が思わずキスしたくなる彼女のしぐさ6つ

ファナティック

大好きな彼からキスをされると、とても幸せな気分になります。たくさんのキスを重ねて、2人の距離を縮めていきたいですよね。でも、自分から「キスしてほしい」と伝えるのは恥ずかしいものです。そんな女性たちに向けて、彼がキスしたくなる彼女のしぐさについて紹介します。

bis151026033534_tp_v

■上目遣い

・「上目遣いでこっちを見つめてきたとき。今まで我慢できたためしがない」(39歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ちょっとねだる感じで上目遣いでこちらを見てきたとき」(38歳/学校・教育関連/事務系専門職)

男性意見で非常に目立ったのが、「彼女の上目遣い」に関する意見です。かわいらしい表情に、思わず「キスしたい!」気持ちが高まる方も多いよう。ただしやりすぎは禁物。男女の身長差を利用して、さりげない上目遣いを実践してみてください。

■髪をかきあげる

・「髪の襟足を指でかきあげたとき。向こうも望んでいるのかなと思う」(39歳/医療・福祉/営業職)

・「髪をかきあげて、首筋が見える様子」(38歳/その他/事務系専門職)

「上目遣い」とともに、こちらも目立った意見です。彼女の髪が動く様子や首元がチラ見えした瞬間に、思わずドキッとしてしまいます! シャンプーの香りが漂うと、よりいいかもしれませんね。

■笑顔

・「かわいい笑顔のときにその表情を変えたくてしたくなる」(37歳/食品・飲料/技術職)

・「やさしく微笑んできたとき」(39歳/その他/その他)

大好きな彼女が笑っていると、幸せな気分に浸る男性も多いはずです。笑顔以外の表情も見てみたいという気持ちになるのかもしれません。キスをした瞬間のちょっと驚いたような表情も、彼にとってはツボなのでしょう。

■目線を合わせる

・「不意に視線が合い、向こうがそらすそぶりがないとき」(36歳/その他/その他)

単純に彼を見つめることでも、「キスしたい」アピールになるようです。じーっと見つめることで、彼は彼女の気持ちを読もうとするはず。自然と気分も盛りあがりそう!

■眠そうなしぐさ

・「移動中、横でウトウトしながら、ときどき目を覚まして、起きていようとするしぐさ。眠気覚ましになることをしたくなるので」(39歳/その他/その他)

・「目を閉じて眠たそうにしている姿」(35歳/金融・証券/専門職)

「眠る」姿を見せられるということは、相手に対して完全に気を許しているという証拠でもあります。ちょっと意地悪な気分でキスをする男性もいるようですが、そんなやりとりも2人のコミュニケーションになりそうですね。

■スネているとき

・「軽いヤキモチ。普段は我慢してたみたいで、ちょっとスネてる姿にキュンとしてしまいました。そんなかわいいところを見ると、キスしたくなりました」(39歳/機械・精密機器/技術職)

・「別れ際にさみしそうな表情をしているとき」(25歳/マスコミ・広告/販売職・サービス系)

適度な嫉妬や寂しいアピールであれば、男性に「かわいい!」と思わせられるのでしょう。

<まとめ>

「キスしてほしい! でも言えない……」なんてときには、ぜひこんなしぐさを実践してみてはいかがでしょうか。さりげなく彼の気持ちを刺激すれば、よりラブラブな時間を過ごせそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月29日~2016年11月30日
調査人数:388人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]