お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

通勤電車で「舌打ち」されたときの対応6つ

ファナティック

通勤時の電車の中は、人口密度が高く、自分の思い通りに動けないことも多々ありますよね。そんなとき、他人に舌打ちされるのはとても不快なもの。みんなは舌打ちされたとき、どのように対応しているのでしょうか。働く女性に聞いてみました。

■基本的に無視

・「気にしないことにする。にらんだりして殴られたらいやだから」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「されたことはないですが聞こえていないふりをします」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

舌打ちされたとしても無視するという意見です。舌打ちは自分の不快感を相手に知らせるためにするもの。もしかしたら無視されるのが一番おもしろくないかもしれません。

■舌打ち返し

・「舌を打ち返す。やられっぱなしでは腹の虫がおさまらない」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「にらみ付けるか舌打ちし返す。目には目を歯には歯を」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

相手にも嫌な気分を味わってもらうため、舌打ちし返すという人も。まさか舌打ちし返されるとは相手も思っていないかもしれません。その後はさっさとその場を離れた方が賢明かも。

■別の車両に移動する

・「無視して、面倒でかかわりたくないので別の車内にうつる」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「こちらもイラっとするが、もめ事にならないようになるべく早めに車両を変える」(29歳/機械・精密機器/技術職)

舌打ちするような人の近くにいても、ろくなことはありません。そんなときは早めに別の車両に移った方が自分も不快な思いをせずに済むでしょう。

■にらみ返す

・「舌打ち返して、ガンを飛ばす。たいていの人はそれでひるむ」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「心の中で『っはぁぁぁぁあああぁぁ!?!?!?』と言いながら、にらむ」(29歳/その他/秘書・アシスタント職)

きつい目つきができる人はにらみ返すという方法もあります。舌打ちされてもただでは起きない女だと思わせるためには、有効な方法かもしれません。

■音楽で気を紛らわせる

・「舌打ちされてたとしても音楽を聴いててわからない」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「音楽聴いてるから聞こえないと自分に言い聞かせる」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

こんなとき、頼りになるのは耳から聞こえてくる音楽。自分の好きな音楽を聞いていれば、舌打ちされたときの不快感を紛らわせることもでき、もしかしたら舌打ち自体気づかずに済むかもしれません。

■哀れみの目で見る

・「他人を落として自分をあげるということしかできない人なんだなと思う」(33歳/その他/その他)

・「無視。ちっちゃい人間だなぁかわいそうにと思っておく」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

こんなことで舌打ちするなんて、哀れな人間であることは間違いありません。そう思っておけば、怒りも最小限で抑えられそうですね。

■まとめ

舌打ち返したり、睨んだり……思い思いに反撃する人もいるようですが、大多数の人は無視したり別の車両にうつったりと、極力関わらないようにするようです。最近はマナーが悪いと注意した人が殴られたり刺されたりするなど物騒な世の中なので、無視が一番いいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月12日~10月17日
調査人数:112人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]