お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

はーたまらんっ! ついニオイをかぎたくなる彼氏のもの・6選

ファナティック

好きな人のニオイを嗅ぎたくなる、という衝動は、動物的な本能と言っても良いでしょう。一説によると、恋に落ちる要因の一つは、その人のニオイにある、と言われていますからね。ところで、女性たちは、恋人のどんなもののニオイを嗅ぎたい、という衝動に駆られるのでしょうか? ちょっと恥ずかしい本音を語ってもらいましょう。

脱いだ服

・「脱いだ直後の服をとりあえず嗅ぎたくなることはあります」(25歳/学校・教育関連/専門職)

・「脱ぎたてのTシャツのニオイを嗅ぐと幸せな気分になる」(27歳/情報・IT/営業職)

脱いだ直後の服には、その人のニオイがしっかり染みついていますからね。好きでもない人のものなら決して嗅ぎたくはないですが、好きな人のものだからこそ、つい手が伸びてしまうのです。

タオル

・「バスタオルなどは顔を埋めてニオイをかぎたくなる」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「タオル(洗濯済み)。その人の家のニオイって感じがします」(29歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

洗い立てのタオルのニオイは、何とも言えない良い香りがするものですが、その家独特のニオイがするものでもあります。同じ洗剤を使っていても何かがちがうんですよね。これも一つの彼のニオイでしょう。

借りた服

・「スウェットなどの寝間着とかしてもらった洋服」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

彼に借りた服は、もちろん、洗ってある清潔なものでしょうが、清潔な状態でも、普段着ている人の残り香がなんとなくあるかもしれません。それが気になって、クンクン嗅いでしまうのでしょう。

ワキ

・「脇のニオイ。一番汗をかいたときにニオイやすく、その人自身のニオイでもあるから」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「脇。汗かいたあととかに、脇のニオイを嗅ぎたくなってそれで無臭な人がいい」(25歳/医療・福祉/専門職)

ワキガの彼だったら、ちょっと嗅ぎたい気持ちはわいてこないかもしれませんが、彼独特のニオイを発する場所ですから、興味を持つのも当然と言えるでしょうね。

・「髪の毛。頭皮のニオイが好きなため」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

・「頭皮のニオイ。どんなニオイがするのか気になるから」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

頭のニオイは、その人の皮脂、そして、使っているシャンプーなどのニオイがする部分。くさいのは嫌でしょうが、彼だけのニオイを感じられたら、ちょっと幸せな気分になれるかも。

・「首のあたり。スキンシップしているときちょうどいい高さにあるから」(31歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「首筋。その人らしい香りが出てる部分だと思うから」(33歳/その他/販売職・サービス系)

首筋や、首の後ろは、その人のフェロモンが分泌される部分です。この部分のニオイを嗅ぎたい、と思う衝動は、まさに動物の本能と言って間違いないでしょうね。

まとめ

好きな人のニオイを嗅ぎたくなること自体は、決しておかしいものではありません。それは正しく本能なのです。「ニオイを嗅ぎたい」と思う衝動また、ある意味愛情表現と言って良いでしょう。好きでなければ嗅ぎたいとは思いませんからね。でも、やっぱりクンクンと嗅いでいる姿に見られるのは恥ずかしいから、彼には気づかないでいてもらいたいものです……。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数203件(25歳~35歳の働く未婚女性)

※この記事は2016年11月19日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE